Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

What's New

2018.7.21 出演 | お茶会クラシック 第6回「ミステリアス・バッハ」 トークとピアノ演奏で、音楽家たちの素顔にせまるお茶会クラシック。 第6回の主役は「音楽の父」と称され、クラシック音楽の礎とされるバッハ。神のように語られてきた彼の音楽には、じつ…

【連載】ミュージアム・プレイリスト第3回「皇妃たちの音楽:ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ーー1780年パリに始まるエスプリ」

4月よりスタートした、カルチャーメディア「楽活」の「アート×音楽」連載。 高野麻衣が話題の展覧会を巡りながら、 心に浮かんだ楽曲をプレイリストでご紹介しています。 第3回では、帝政時代のパリからスタートする「ショーメ」展の音楽を。 三菱一号館美術…

【お知らせ】麻衣とそよかのお茶会クラシック 第6回「ミステリアス・バッハ」開催

トークとピアノ演奏で、音楽家たちの素顔にせまるお茶会クラシック。 この7月は、第6回となる「ミステリアス・バッハ」が開催されます。 「音楽の父」と称され、クラシック音楽の礎とされるバッハ。神のように語られてきた彼の音楽には、じつは「暗号」があ…

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第6回『憂国のモリアーティ』

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。 「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。 第6回は、ホームズの宿敵の語られざる物語『憂国のモリアーティ』。いま最も気にな…

【連載】ミュージアム・プレイリスト第2回「英国紳士の音楽:くまのパディントン展」

4月よりスタートした、カルチャーメディア「楽活」の「アート×音楽」連載。 高野麻衣が話題の展覧会を巡りながら、 心に浮かんだ楽曲をプレイリストでご紹介いたします。 第2回の舞台はロンドン。「くまのパディントン展」の音楽です。 現在、Bunkamura ザ・…

【Life】ハリーとメーガン、あるいは最高の戦友たち

2018年5月。エリザベス2世女王陛下の孫で、王位継承順第6位であるハリー王子がメーガン・マークルと結婚、サセックス公爵夫妻となった。 潔い白で統一されたドレスや花々に、英国の5月の緑と日差しが映えるロイヤルウェディング中継にうっとりした方も多いだ…

【新連載】ミュージアム・プレイリスト第1回「音楽の印象派:至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

4月より「日々楽しい生活を」がテーマのカルチャーメディア「楽活」にて、アート×音楽コラムを書かせていただくことになりました。 絵画と音楽には、時代ごとの空気感やメッセージに満ちた「物語」があります。 美術館で音声ガイドを聴いていたら、一枚の絵…

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第5回『BANANA FISH』

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。 「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。 第5回は、わが最愛のハードボイルド・ロマン『BANANA FISH』。7月からスタートする…

【出演】Memories & Discoveries 第21回 「未来へのラブソング 〜新世代作曲家特集2018〜」

4月。新しい世界のはじまりに、胸躍る季節ですね。 私は7年ぶりに、音楽史の本の執筆を進めています。そしてモーツァルトやベートーヴェンといった歴史をたどりながら、いま「クラシック」と呼ばれている音楽が、作曲家が生きた当時には最先端だったこと、人…

【お知らせ】麻衣とそよかのお茶会クラシック 第5回「音楽の印象派ーードビュッシー、サティと仲間たち」開催

トークとピアノ演奏で、音楽家たちの素顔にせまるお茶会クラシック。この4月から、めでたく2ndシーズンがスタートします! 第5回の主役は「ドビュッシー、サティと仲間たち」。 今年没後100年を迎えるドビュッシーとその友人サティ、後輩ラヴェルや「6人組(…

【出演】Memories & Discoveries 第20回 「プーランク:パリへのラブソング」

2月から3月へーー日に日に春の息吹を感じる、希望に満ちた季節ですね。 全国38のFM局で放送中のラジオ『Memories & Discoveries』。 今月の「クラシック・プレイリスト」では、エドガー・モローの新譜『チェロ・ソナタ集~フランク、ストロール、プーランク…

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第4回『ゴールデンカムイ』

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。 「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。 第3回は『ゴールデンカムイ』。4月からのアニメ化も期待の、近年まれにみる骨太な「…

【掲載】KKBOXにて「ロシアが認めたピアニスト、松田華音と女子会トークしちゃいました。」

チャイコフスキーをテーマに、ロシアの魅力に迫っているこの冬。 昨年12月、3500万曲の配信を誇る音楽聴き放題サービスKKBOXのサイトにて、ロシアをホームグラウンドに活躍中のピアニスト、松田華音さんと「女子会」をさせていただきました。 メンバーは、21…

【出演】Memories & Discoveries 第19回 「チャイコフスキーのラブソング」

1月は、白鳥のように優雅で淑気に満ちた、クラシック・デビューにうってつけの季節。 1月20日(土)、作曲家・林そよかさんと開催する音楽講座「お茶会クラシック」第4回のテーマも、そんな季節にうってつけのチャイコフスキーです。 www.salonette.net 舞台は…

【Event】シャーロック・ホームズと音楽を | 音食紀行「ホームズ生誕祭2018」

ホームズやワトスンは何を食べ、どんな音楽を聴いていた? ということで、十二夜を迎える1月6日、19世紀ロンドンの「歴メシ(歴史再現料理)」をおいしく食べる音食紀行「シャーロック・ホームズ生誕祭2018」 が開催された。 ホームズやワトソンは何を食べ、…

【Life】備えよ、未来に!

あけましておめでとうございます。 昨年中は変わらぬご愛顧をいただき、ありがとうございました。 2017年も『マリー・アントワネットの音楽会』をはじめ、10年続けてきた執筆活動や、このSalonetteの記事がつないでくれた、たくさんの新しい出会いに恵まれま…

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第3回『薔薇王の葬列』

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。 「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。 第2回は『薔薇王の葬列』。大好きな英国史を舞台に、シャエイクスピアを原案に描か…

【お知らせ】音食紀行「シャーロック・ホームズ生誕祭2018 ~ヴィクトリア朝英国を讃えて~」開催

来たる2018年1月6日(土)、シャーロック・ホームズの誕生日を祝して開催される 【音食紀行】シャーロック・ホームズ生誕祭2018 | eventon(イベントン) に、ゲスト出演することになりました。 主催は『歴メシ!』で話題、世界の歴史料理をおいしく食べる「音…

【Life】香りで読み解くクラシック《ばらの騎士・編》

『ばらの騎士』—―これまで、新国立劇場やMETライブビューイング(上写真)などでかかるたびに取り上げ、いずれも人気記事となっている乙女オペラの筆頭ですが、今回は特別企画を。 現在、新国立劇場にて再演中のこのオペラに、東京フィルの一員として参加し…

【出演】TOKYO FM「DAIGOのOHAYO-WISH!!」にて「親子で冬のクラシック」

日曜日の朝は、いつまでたっても特別なもの。 幼い頃は、両親が聴いていたラジオから流れる音楽で、ダンスするのが大好きでした。 そんな朝を思い出す番組『DAIGOのOHAYO-WISH!!』へ、先週より2週にわたってゲスト出演。夏の特集につづいて、「親子で楽しむ…

【Movie】騎士団長殺しは誰の仕業だったのか? | 『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

天才音楽家モーツァルトの生誕260年を記念して製作された、英国/チェコ合作映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が公開された。 映画のモチーフとなるのは、村上春樹の小説『騎士団長殺し』でも話題となったオペラ《ドン・ジョヴァンニ》。モー…

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第2回『不滅のあなたへ』

10月よりスタートした、カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。 「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。 第2回は『不滅のあなたへ』。週刊少年マガジンで連載中の話…

【お知らせ】麻衣とそよかのお茶会クラシック 第4回「チャイコフスキーとロシア・バレエ」開催

トークとピアノ演奏で、音楽家たちの素顔にせまるお茶会クラシック。 第4回の主役は「チャイコフスキー」と「ロシア・バレエ」! 舞台は19世紀末のロシア、サンクトペテルブルク。繊細で美しいものを愛した“チャイ様”の生きた時代背景やキャラ・音楽考察のほ…

【連載】ルネ・マルタンの音楽日記 第28回「ヴィア・エテルナ(永遠への道)」

世界各地で年間1500公演を手がける音楽プロデューサー、ルネ・マルタンが、気になるアーティストや最新ディスクを紹介する音楽日記。 11/25発売の『ACT4』81号では、初の試みとなった世界遺産モン・サン・ミシェルでの音楽祭「ヴィア・エテルナ」をレポート…

【掲載】朝日おかあさん新聞一面にて「ママのためのクラシック座談会」

去る10月、小学生のお子さんをお持ちのすてきなママさんたちと、お気に入りのカフェでクラシック座談会を開催。朝日小学生新聞の月刊紙「朝日おかあさん新聞」一面にて、大きく掲載していただきました(11/20)。 テーマは「子どもといっしょにクラシック・…

【出演】Memories & Discoveries 第18回 「アーブル美術館のラブソング」

いよいよ11月。芸術の秋ですね。 Tokyo FMほか全国38局で放送中のラジオ『Memories & Discoveries』。 今月の「クラシック・プレイリスト」では、この秋ワーナーミュージックから発売された名曲シリーズ「アーブル美術館」プレゼンツ「クラシック音楽の或る…

【掲載】スケクラBEST「クラシカロイド・オン・アイス」にて、解説担当

今年もロシア大会より、グランプリシリーズ(GPS)2017開幕! ということで、本日発売のスケート・クラシックBEST『クラシカロイド・オン・アイス』にて、スケート音楽の歴史と曲目解説を執筆いたしました。 CD | アニメ「クラシカロイド」HP ジャケットは、…

【Movie】少女の過ぎゆく春 | 『#ソフィア・コッポラの椿姫』

私はオペラを愛する――それは人生と劇場の枠内に位置しているからだ。私はオペラへの愛好を『夏の嵐』の最初のシーンで表そうとした。劇場とバロックの世界――これが私をオペラに結びつける動機である。 ――ルキノ・ヴィスコンティ 映画監督によるオペラ演出。…

【新連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第1回『マロニエ王国の七人の騎士』

10月より、カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)のリコメンドページにて、「アニメファンに読んでほしいマンガ」をご紹介することになりました。 記念すべき第1回に選んだのは、『マロニエ王国の七人の騎士』。 昨年、「少女マンガにおけるファンタジーの…

【連載】ルネ・マルタンの音楽日記 第27回「ピアノの都にて」

9/25発売の『ACT4』80号では、音楽プロでシューサー、ルネ・マルタンの原点ともいえるラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ・フェスティヴァルをレポート。「37年目の今年も、ピアニストたちすべてが珠玉のひと時を与えてくれた」という南仏の夏のひと時を、「…