Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

乙女のクラシック

英国レディがゆく

そもそも、英国で「レディ」という言葉が、生まれよりもふるまいや感性、日々の生活様式において品のある女性について用いられるようになったのは、およそ19世紀半ばからだった。英国レディの起源は、大英帝国が世界の覇権を握っていたヴィクトリア朝(1837-…

ポーの一族

雲が重苦しく空に低くかかった、もの憂い、暗い、寂寞とした秋の日を一日じゅう、私はただ一人馬にまたがって、妙にもの淋しい地方を通りすぎて行った。そして黄昏の影があたりに迫ってくるころ、ようやく憂鬱なアッシャー家の見えるところへまで来たのであ…

ガーデニア

ガーデニア かぐわしき香りは太陽さえも酔わせてしまう 日常のすべてを忘れ 僕は甘美なガーデニアの香りと同化する この香りは 僕の魂だ ・・・ 美しく誇り高いガーデニア 不思議な輝きで僕を照らす やがてその誰よりも愛らしい姿は 僕の黒い血液となって 今…

女の子いかに生くべきか

起き上がれないが、眠れるわけでもない。 時間が惜しいので『モダンガール論』を読み進める。 夕方、読了。 頭痛も終息。 斎藤美奈子はわたしにとって、文章をまねたいと思わせるタイプの先達ではないが、構成の巧さとそこで展開する論理の破綻のなさにいつ…

ドSの称号

連休明けの通勤。 いつもと違う路線を使ったら、唐沢寿明の「不毛地帯」ポスターに出会う。太地喜和子のために、「白い巨塔」(田宮二郎版)を見返そうとおもった矢先だった。 すくなくとも「官僚たちの夏」よりはおもしろいといい。 http://www.fujitv.co.j…

三十路

原稿を書かなくては、と思いながら銀魂を読む。 最新30巻。 空知30才。 わたしももうすぐ30才。 「30ってなんかへんなかんじだけど、なにも変わらないって」とAちゃん(同年)は言う。 空知も一瞬そうおもったけれど、やっぱり違ったらしい。 先日ポイントカ…

白から黒になる

情報が出たらお知らせします、 と書いたきりだった『黒執事』のサントラが少し前に発売していました。 http://www.kuroshitsuji.tv/ 岩崎琢、GJ。 グレゴリオ聖歌風の響きもゴシックロマンな「Nigram Clavem」ではじまり、静謐な「坊ちゃんに紅茶とスコーン…

すべてが白になる

今年に入って、10年使いつづけてきたラルフ・ローレンのリネン(ピンク)を処分した。 かわりにやってきたのはローラ・アシュレイの白。 初夏のある夜、思い立って部屋中のカーテン(ピンク)を取り払い、洗濯した。 かわりにかけたのはシンプルなレースの白…

ウォーアイニー!

空知英秋の「いい話引き出し」はまったく底なし。 目次コメントのシャイなあんちきしょうぶりもほんとうにいとおしい。 空知すっきだなあ、と、オタク友だちもひくほど朝からテンションが上がり、このいきおいでたまっていた資料用の雑誌のスクラップだとかP…

仕事と私どっちが大事なの

……とかいう女にはジャーマンスープレックス。 関係性にちなんで、何度も書いている「ミツバ」のおはなし。 ミツバ編は、2006年に発表された銀魂の中編(第百二十九訓~第百三十二訓)。 ミツバとは、(おそらく史実沖田の身代わりとして)「肺の病」で死んで…

ムジカ・パラディーゾ

天上の音楽、とはまたいいネーミングだと思う。 そういう細やかなこだわりがすきで、すっかりハマっている。 『リストランテ・パラディーゾ』、今回はサントラのお話。 公式サイトではあいかわらず主題歌アーティスト推しでなんということはないのだが、この…

薔薇園とナイチンゲール

花瓶の薔薇がそなたに何の役に立とう わが薔薇園から一葉を摘みとれ 薔薇の生命はわずかに五日か六日 わが薔薇園は永遠(とわ)に楽しい ――サアディ「薔薇とナイチンゲールとひよどり」 薔薇について書くのはむずかしい。 あまりにも多く書かれてしまってい…

パラディーゾ

以前紹介した、今期のフジテレビ深夜アニメがすばらしい出来。 まだ半ばではあるが、前回補足とした『リストランテ・パラディーゾ』を中心に振り返ってみたい。 深夜アニメはマニア向け。 そんな印象を「ノイタミナ」が打ち破って久しいが、新たに新レーベル…

一緒に走ろうね ・ その後

大学時代の友人に会いに、池袋へ。 テラス・ド・プロヴァンスのカフェ(http://www.loccitane.co.jp/shop/cafe/)でラタトゥイユをつついた後、ショップに立ち寄って買い物。ボディミルクが切れたと思い、悩んでいると、友がボンメールソープを嬉しそうに握…

一緒に走ろうね

ジャンプを買ったら巻末から読むことにしている。 巻頭カラー(表紙)号での、淡々としたシャイっぷり。 空知英秋、だいすきなんです。作者萌え。 もうこれは擬似恋愛だなーとおもうときがある。 週刊連載なのでやっぱり体は心配だし、評論家の過小評価とか…

乙女のラ・フォル・ジュルネ案内2009

テーマがバッハでバロック三昧とくれば、全編オトクラ・レコメンドと言いたい今年のラ・フォル・ジュルネ。 すべてが聴けない大前提だからこそ、あえて“乙女的必聴”とするなら、という公演をとりあげてみた。 アーティストで気になるのがファニー・クラマジ…

続 男たちよ!

敗戦前夜。鶴川村の白洲家。 居候の河上徹太郎が、ラジオから流れてきたベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」の第3楽章にあわせ、トイピアノを弾いている。愛らしい音と巧みな腕前。聴き入る次郎。大根を洗う子どもたちの歓声。画面が移り、玉音放送…

紅の豚派

銀魂アニメ148訓「チャックはゆっくり引きあげろ」予告。二週間にわたって繰り広げられる、土方と沖田の死のゲーム。おそろしい。いろんな意味でおそろしい。19話ぶりの登場が楽しみすぎて、おそろしい。 このふたりにまつわるあれこれは偉大な先達がたくさ…

男たちよ!

http://www.esquire.co.jp/others/close.html 発表から一日、まだショックが抜けきらない。 エスクァイア(Esquire)は、1933年にシカゴで創刊された世界初の男性誌である。「生活の設計(アート・オブ・リビング)と新しい余暇(ニュー・レジャー)」をコンセ…

Victorian Dictionary~英国王室史②

夜のリージェント・ドック。 船乗り上がりの老人が少年に語りかけている。 「エジプトにできた運河のせいで…古い船の時代はもう終わりよ。新しい時代が来るのさ」 シエル・ファントムファイヴが生まれた1875年、英国はスエズ運河のエジプト領土を購入してい…

xoxo, gossip girl...

『ゴシップガール』は、マンハッタンのハイソな高校生のライフスタイルを描き、社会現象になっている青春ドラマ。 原作は日本でも人気なのでご存知の向きも多いと思うが、400万部突破の全米ベストセラーだ(邦訳はヴィレッジブックスより発売中 http://gossi…

「声」という乙女道

音楽や美術、舞台芸術に映画――広くカルチャー的なものに留意していると、自分が「耳人間」か「目人間」かという傾向がわかってくるものだ。 私自身はおそらく「耳人間」寄り…ではあるのだが、だから視覚的な側面がどうでもいいということはなく、中途半端に…

Victorian Dictionary~英国王室史①

昨夜の『シエル・ファントムハイヴの事件簿』『黒執事』は、歴史ヲタにはたまらないオリジナルストーリー。 第16話 「その執事、孤城」~あらすじ ファントムハイヴ家が所有するラドロウ城に幽霊がでるため、ホテルの改装工事の中止依頼が来ているとの報告を…

プリンセスの時代

年末年始には「総まとめ」くらいの勢いでテレビを見る。 いささか食傷気味な「ハケン村」のニュースの裏では、いわゆる「おバカタレント」や芸人がひっきりなしに画面に登場。 ――声高に“真実”とやらを伝えるべきか、薄っぺらな笑いや夢を与えるべきか。 メデ…

Victorian Dictionary~英国四季暦

昨夜の『黒執事』が季節感たっぷりで愉しかったので、英国の昔ながらの暦をおさらい。 1月1日 New Years Day 1月6日 Twelfth Night (十二夜) /Epiphany (公現節) ■フロスト・フェアー(氷上マーケット) 17世紀から18世紀にかけて、冬になるとテムズ川は頻繁…

Victorian Dictionary~ダンディ

最近のわたしはいかなるときもヴィクトリアン・センサーを光らせている。 当然『伯爵と妖精』(集英社コバルト文庫刊)の動向は気にしている。『黒執事』と同じくヴィクトリア朝の英国を舞台とし、同時にアニメーションの放映がはじまるなど、なにかと比較さ…

Victorian Dictionary~執事

執事喫茶に『黒執事』、話題の新ドラマも『メイちゃんの執事』(フジテレビ)。 いわゆる“イケメン執事”のブームはとどまることを知らない。 彼らは、若く、美しく、紳士的にお嬢様(あるいは坊ちゃん)にかしずき、優雅な茶器で紅茶をサーブし、ときには恋…

頭の中将、リヴァイヴァル!

ノイタミナ(フジテレビ)による名作『あさきゆめみし』のアニメ化だが、出﨑統監督の意向で頓挫し、原作に忠実なオリジナル作品『Genji』として制作が進められているという。 去る18日には主要キャラクターのキャストも発表された。 光源氏役は櫻井孝宏さん…

ロージー・オータムナル

ヴィクトリアン強化の続行を宣言したとたん、世界のKitchenから(c)キリンビバレッジのニューフェイスについて報告を頂いた。 秋らしいダージリン。もちろん、イングランドの知恵が採用されている。 「香りつきのダージリン茶」というよりは、まさに「ドライ…

シエル・ファントムハイヴの事件簿

あるいは「ファントムハイヴ家の犬」? そんな様相を呈してきた『黒執事』である。 BGM: 221B, BAKER STREET(グラナダTV『シャーロック・ホームズ』O.S.Tより) 第7話「その執事、遊興」は原作にないオリジナルストーリー。法律の抜け穴をくぐり、裏で「犬…