読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

Life

【お知らせ】霧とリボン 企画展《菫色の実験室 vol.2〜菫色×調香》にて、サロンコンサート開催!

五線譜の上、ふわりひとひら香る霧。 瓶の中には、音のつぶひとしずく。 留めおくことができるのは、人の記憶の中にのみ。 愛書家のための小間物ブランド・霧とリボン(東京・吉祥寺)より、5月のご案内が届きました。 直営SHOP “Private Cabinet” 2周年記念…

【掲載情報】SPA!にて、木村拓哉さん単独インタビュー!

はじめてのSMAPインタビューから3年。 本日発売のSPA!にて、木村拓哉さんの単独インタビューを担当いたしました。 nikkan-spa.jp 4月29日公開の映画『無限の住人』で、20年以上第一線を走り続ける自身の鏡写しのような「不死身の男・万次」を演じた木村拓哉…

【Music】LAST NIGHT AT A THEATRE -昨夜、とある劇場で- [完全版]

夜の劇場、それはナイトスポットの中でも、特に憧れる場所のひとつ。 というわけで、「夜のときめき」を特集した紙版『花園magazine』Vol.9 2016 秋冬号に、コラム「LAST NIGHT AT A THEATRE -昨夜、とある劇場で-」を寄稿させていただいた。 【お知らせ】紙…

【Life】HIT LIST of 2016/17 AW 「365日のキスのための10 tips」

あっというまに小正月。 年頭に綴った2017年のテーマを胸に、晴天の日々を過ごしております。 「ディテールが勝敗を分ける。そのディテールを日々、突き詰めているかどうか。きょうだけディテールを突き詰めてもダメなわけで、大事なのは日常なんです」 毎日…

【Life】 365日のキス

あけましておめでとうございます。 昨年中は変わらぬご愛顧をいただき、ありがとうございました。 2016年下半期は「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展」のブームを追い風に、音楽サロンでのトークや少女向け読み物の取材・執筆などがつづき…

【連載】きょうの姫キャラ 第12回 「DREAM IS ALIVE」

年頭にこの連載をはじめようと決めたとき、書きたいと思ったのは木村拓哉のことだった。 もちろん以前の新聞連載のように、自由なテーマで月1回、1000字程度の文章だけで表現する訓練をつづけたいという目的があった。 いまの自分に発表する媒体がないためお…

【Life】HIT LIST of 2016 SS 「英国万歳!」

残暑お見舞い申し上げます。 休暇から帰京し、先日は“わが聖域” 三菱一号館美術館へ。 大雨のなか、誰もいない一号館広場の静寂に浸り、晴れ間には、いつも美しいコンドルの薔薇たちに挨拶も。さまざまな表情を見かけるたびに、愛が深まります。 2016年上半…

【連載】きょうの姫キャラ 第7回 「ポールとポーリーン」

東京・上野でスタートした「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」展へ。 英国人デザイナー、サー・ポール・スミスの偉業を網羅する――というよりは、「ポール・スミスができるまで」といった趣のユニークな展覧会だ。 入場した瞬間に息をのむ一面の「アートウォー…

【連載】きょうの姫キャラ 第6回 「別離」

真田丸 第25回「別離」。 息子を喪った茶々の嗚咽という、幕切れ。ここ数週、三谷幸喜が描く敗者の美、滅びの予感といったものにえぐられ続けている。 もうひとつが、好敵手同士の絆。 茶々が感情を解放できたのが、唯一、おなじ男を分かちあう正室・寧の腕…

【連載】きょうの姫キャラ 第1回 「ミッキーはブレない」

Photo:田里弐裸衣 2016年の初観劇は、星組「Love & Dream」。 100年の歴史を誇る宝塚の「愛」とディズニーの「夢」のコラボで、第1部がディズニーソング・レビューだったのだが、『白雪姫』や『シンデレラ』などクラシックス中心かと思いきや、『リトル・…

【Life】 清く凛々しく美しく

お正月のひととき、いかがお過ごしですか。 わたしはひさしぶりに、新潟の実家で穏かな元日を過ごしています。 両親やだいすきな祖母、そして猫のアレクサンドルとともに食事して、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを観る。少女時代を思い出し、な…

【Life】HIT LIST of 2015 Winter 「されどエンタメの日々!」

大晦日の午後、ゆったりとすてきな1年を振り返る―― 一年間の感謝をこめて、恒例のHIT LISTをご紹介します。 ●WORKS ファンキーでグルーヴィできもちよかったー!!!!!!バッティのベートーヴェンで踊りまくってみんなで歓声あげて、よい年を迎えられそう。#fan…

【Life】新シーズン開幕! METから歌舞伎座まで「劇場」を楽しむ秋

10月も半ばを過ぎ、芸術の秋を満喫している人も多いはず。展覧会に読書に映画……なかでも観劇は、デートやパーティーと並んでおしゃれのしがいがあるシチュエーションだ。 25ans「エレ女の美容道」特集でも表明したとおり、「正装は人ありき」。劇場の人々に…

【掲載情報】25ans 11月号「これがエレ女の美容道!」にてプリンセス対談

9/28発売の25ans 11月号「これがエレ女の美容道!」にて、王室ジャーナリストのにしぐち瑞穂さんとのプリンセス対談を対談を掲載していただきました! 今年で35周年を迎えた25ans美容の総まとめとして、今月は真正面から「エレ女の美容道」に向き合います!3…

【Life】夏の香りを聞く~折れそうな心も癒す嗅覚LESSON

まもなく夏至。 ここ数年、夏になるととりわけ香りが恋しくなる。草花の香り、水の香り、夜風の香り、太陽の香り、雨の香り。無意識に感じていた香りに、どんどん敏感になっていく。 最近友人に「おちこんだとき、気分を上げるためにすることは?」と聞かれ…

【出演】OTTAVA Domenica 第37回「ばらよ、愛しいばらよ」(6月14日放送)

本日のテーマは「ばらの咲く庭」。6月に咲く愛すべき花を主役に、雨にぬれた庭の情景や英国庭園のようすを表現しました。表題のラターのマニフィカトのほかにも、演奏曲リストのことばたちがあまりに美しかったので、一部を抜粋してみましょう。 ドビュッシ…

【Event】好奇心を解放させて!~働く女性のためのイベントレポート | ELLE WOMAN in SOCIETY 2015

1945年、戦後のパリで"Open your Appetite!"(好奇心を解放させて)を合言葉に創刊された雑誌「ELLE」。 本日は盟友ガーリエンヌと、女性とともに70年を歩みつづけたELLEのイベント「ウーマン・イン・ソサエティ(社会を生きる女性)」へ行ってきた。 日本で…

【出演】OTTAVA Domenica 第33回「この美しい5月」(5月17日放送)

本日のテーマは「5月」。英国人の5月への愛をつめこんだエルガーの美しい弦楽にはじまり、ロシアのギターや南仏の朝市を描写するセヴラックまで、さまざまな旅情をお届けします。 写真は、ちょうど1週間前に撮影した新潟市のようす。ラ・フォル・ジュルネ…

【出演】OTTAVA Domenica 第26回「愛と平和」(3月29日放送)

受難節主日のOTTAVA Domenica、テーマは「愛と平和」。 荘厳なオルガンにはじまり、ヴェルディの『運命の力』からカザルスの「きっととりなしたまえ、聖母マリアよ」まで、さまざまな愛の形をお届けします。 1時台は、新国立劇場の音楽ヘッドコーチ石坂さん…

【Life】MY FAVORITE PINKS FOREVER~わたしのイケピンクLIST

すっかり春である。 ちょうど一週間前にピンク色でいっぱいのパーティーへ出席して以来、ピンクへの愛が止まらない。一年中大好きな色だけれど、この時期はとりわけ目立つし、心が浮き立つ。おとといは目白の椿山荘で、きょうは前田侯爵邸の庭でお花見を。上…

【Life】HIT LIST 2015 Spring ~Salonette的春色レシピ!

春3月。ラ・フォル・ジュルネや新連載の準備をしつつ、日に日にうららかになっていく陽気や木々の花に、ときめきがとまらない季節です。あたためている話題がたくさんありすぎて、もどかしいほど! レビュー記事ではご紹介しきれない春のおきにいりを、リス…

【出演】OTTAVA Domenica 第23回「マノン・レスコー、あるいは春の花」(3月8日放送)

まもなく初日を迎える新国立劇場『マノン・レスコー』講座でスタートした本日の#OTTAVA Domenica、楽しんでいただけましたか? 写真は林田さんとともに、許可を得てステージの上で撮影していただいたもの。客席でみるよりはるかに広大な空間に、あらためて歌…

【出演】OTTAVA Domenica 第20回「ナントより、パシオンをこめて」(2月15日放送)

本日のOTTAVA Domenicaは、現地取材から帰国した林田さん&飯田有抄さんをお迎えしてのナントLFJ大特集でした。 バッハの「ヨハネ受難曲」やヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」(カウンターテナー、カルロス・メナ!!)の優美、グラナドス...「ゴィ…

【出演】OTTAVA Domenica 第19回「春へのあこがれ」(2月8日放送)

本日のOTTAVA Domenicaは、林田さんインフルエンザのため初の「ひとりドメニカ」! 急ごしらえで大変お聞き苦しい放送になったと思いますが、たくさんの応援メッセージをいただいて感激いたしました。リスナーのみなさま、そしてスタジオのコウイチさん、ほ…

【Life】英国の歴史を纏う | JO MALONE LONDON「Rock The Ages」

楽しみにしていたJO MALONEの新コレクションが店頭に並んだ。 テーマは「Rock The Ages」。英国の5つの時代――左からチューダー、ジョージアン、ヴィクトリアン、エドワーディアン、現代を表現した香りということで、英国史好きの私としてはときめきが止まら…

【Life】Read Gracefully プリンセスの読書ライフ~実践編[2]ルクレツィア・ボルジア

あいかわらず、ルクレツィア・ボルジアに夢中である。 この“高雅な公爵夫人”について書きはじめてから、何をしてもルネサンスのイタリアが目につく。誰かに囚われているときはいつもそうで、読書も選曲もすべてが楽しい。 せっかくなので、『花園magazine Vo…

【出演】OTTAVA Domenica 第15回「さまよえるオランダ人」(1月11日放送)

本日の OTTAVA Domenicは、ワーグナー「さまよえるオランダ人」大特集! 新国立劇場でのロングインタビューから、林田さん&高野の“初心にかえる”本や紅茶のセレクトまで、盛りだくさんでお届けしました。 ◆新国立劇場オペラ『さまよえるオランダ人』(ゲス…

【Life】The Princess Year 2015~極私的・姫キャラリスト

三が日最後の夜、今年も海老蔵ドキュメンタリーをながめ、友人と語りあった。 過去の屈託と、それにともなう視野の広さ。「未来へつなごう」という意志。自分の存在が影響力を持っていることも、敵をつくりやすいこともよくわかっている海老蔵の、生まれなが…

【Music】Prosit Neujahr! | ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート 2015

Photo: Jun Keller 謹賀新年。 正月の朝の空気はすてきなもの。昔の人は、正月ならではのすがすがしく華やいだ雰囲気を「淑気(しゅくき)」と呼んだのだという。はじめて知ったのだが、とても美しいことばだ。「淑」は「淑女」にも使われる字。なんとなかく…

【Life】HIT LIST 2014 vol.3 「スキの情熱で世界を変える」

RENAISSANCE ニール・ジョーダンが手掛けたドラマ『ボルジア家 愛と欲望の法王一族』も最終回。ジェレミー・アイアンズ演じる法王の描き方がロマンティックであること、システィーナ礼拝堂や宮殿に流れる音楽、そしてチェーザレとルクレツィアの兄妹(写真)…

【Life】HIT LIST 2014 vol.2 「薔薇とモーツァルト!」

INTERIOR 2014年おきにいりの一枚。花を欠かさないのはもちろんですが、「壁で人生のストーリーが7割決まる」ときいてから、そこをいかに彩るかを意識するようになりました。やっぱり一番ほしいのは本物のアート。名画のレプリカより、橋爪彩さんのような、…

【Life】HIT LIST 2014 vol.1 「美しき女たち」

2014年は、さまざまなスタートの年でした。 このSalonetteのリニューアルもそのひとつ。1年の終わり、アルバムの写真を整理するように、ゆったりとすてきな思い出を振り返りました。 感謝をこめて、恒例のHIT LISTをご紹介します。 ART Teaser of "Rei…

【出演】OTTAVA Domenica 第13回「天使のハープで新年を」(12月28日放送)

OTTAVA Domenicaも2014年最後の放送でした。 本日のゲストは、26日に新譜『天使のハープ』をリリースしたばかりの西山まりえさん。5つのハープが鎮座するご自宅のサロンにお邪魔して、インタビューと試演(はじくだけ)までさせていただきました。 まりえさ…

【Event】毎日がholiday! | OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS MARKET with Perrier ~森のクリスマスマーケット~

「Symphonic Forest~聖なる森のクリスマス~」をテーマに、音楽を奏でるツリーが出迎えてくれる表参道ヒルズ。 ツリーのふもとに広がる「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS MARKET with Perrier ~森のクリスマスマーケット~」は、わたしにとって待降節のサンクチ…

【出演】OTTAVA Domenica 第10回「クルミわりとネズミの王さま」(12月7日放送)

OTTAVA Domenicaのクリスマス特集第2弾は、バッハ&ボブ・チルコットのクリスマス音楽からスタートしました。先週はじめて訪れたジブリ美術館もちょうどアドヴェント。 「クルミわり人形とネズミの王さま」展が開催中で、クリスマスを想う気持ちが高まった…

【出演】OTTAVA Domenica 第9回「アドベントのはじまり」(11月30日放送)

きょうは聖アンデレの日。アドベントのはじまりです。 OTTAVA Domenicaでは4回にわたってクリスマスを大特集。今週は初回ということで、わたしたち日本人にクリスマスへの憧れを教えてくれた英米児童文学の雰囲気にフィーチャーしてみました。 待ちに待った…

【出演】OTTAVA Domenica 第7回「ドイツの冬支度」(11月16日放送)

いよいよ「第九」の季節!ということで、今週は指揮者の佐渡裕さんにインタビュー。 来月スタートするケルン放送交響楽団「第九」ツアーへの思いと、音楽がよみがえって感極まるほど楽しい解説をつめこんだ40分。「裕と直樹と麻衣の部屋~第九を100倍楽しむ…

【出演】OTTAVA Domenica 第2回「季節外れのヴァレンタイン」(10月12日放送)

OTTAVA Domenica、2回目の収録でした。ようやくDomenica(日曜日)という単語に慣れてきました。 タイトルにしたのはジョン・ケージのすてきなピアノ曲。今回はラモーの「ため息」からケージまで、秋に似合いのロマンティックな音楽をご紹介しています。 第…

【掲載情報】25ans 12月号「帰ってきたプリンセス美容」特集にてプリンセス・カルチャーガイド

2013年、姫マインドについてのコラムがご好評をいただいた25ans「プリンセス美容」特集が帰ってきました! 今回はコラムも大増量。「2014年「プリンセス」はしなやかに強く!」というテーマで、『アナと雪の女王』『マレフィセント』からリアルな王室の動向…

【Life】HIT LIST of 2014 Summer

8月のおわりに、あいかわらず夏休み感覚のまとめ日記を。 ●PRINCESS● この夏いちばん印象に残った出会いは、安倍なつみさん。トップアイドルから10年、ソロとしてもがきながらも歩みつづけてきた彼女の、集大成ともいえるアルバム『光へ -Classical & Cross…

謹賀新年

今夜はニューイヤーコンサート。 バレエの衣装はヴィヴィアンだそうです。 2014年が、みなさまにとってすばらしい年になりますように! Photo: ORF/Günther Pichlkostner.

【Life】HIT LIST of 2013 AW @MAI TAKANO

こんにちは、高野麻衣です。 お正月のしつらえも整った大晦日の午後、ゆったりとすてきな1年を振り返りました。 感謝をこめて、恒例のHIT LISTをご紹介します。 ●WORKS 2013年は、仕事の幅が飛躍的に広がった年でした。写真の「タカラヅカゴージャス」(25a…

【Life】Read Gracefully プリンセスの読書ライフ~実践編[1]Marie Antoinette

こんにちは、高野麻衣です。 紙版「花園magazine」Vol.3の発売から、早いもので1カ月。お買い上げいただいた皆さま、メッセージをくださった皆さまに心より御礼申し上げます。通販はひきつづき受付中。バックナンバーのうちVol.1の英国特集は在庫僅少となっ…

【Life】HIT LIST of 2013 Spring @MAI TAKANO

こんにちは、高野麻衣です。 花園お茶会からあっというまに半月がたちましたが、まだまだ、感謝の余韻が消えることはありません。ほんとうにありがとうございます。また近いうちに、みなさんにお会いできるといいな、と夢見ています。 新しいニュースもうひ…

【Life】The Princess Year 2013~姫キャラでごめんあそばせ

あけましておめでとうございます。高野麻衣です。 昨年は、新刊『マンガと音楽の甘い関係』の執筆やたくさんの出会いを通して、自分の核を見つめなおす一年になりました。 とりわけ壮大なプロジェクトになりそうなのがこの、花園magazine。ずっとやりたかっ…

【Life】わたしの「クリスマス・キス」

こんばんは、高野麻衣です。すっかり寒くなりましたが、いかがお過ごしですか? 新刊『マンガと音楽の甘い関係』の告知も始まり、同時に花園会でも、来年春に向けてイベント(念願のオープンパーティ!)の企画が浮上し、個人的には浮き立つような日々。年の…

【Life】HIT LIST of 2012 Summer @MAI TAKANO

こんばんは、高野麻衣です。 ガーリエンヌちゃんの夏のHit Listがとても楽しかったので、わたしもしてみました。 ささやかな「夏のアルバム」、楽しんでいただければ幸いです。 ●Garden 現在、新刊に向けて実家近くの祖父の家で合宿中。 広い座敷の緑の簾越…

【Life】優美ということ

好きな色は白。 好きな花は庭に咲く薔薇。 美しい唇でいるために美しい言葉を語る。 そういうわたしを形づくったのは、きっと、オードリー・ヘプバーンだとおもう。だいすきな祖母のだいすきな女優として、アン王女役の彼女を知った。 訃報を聞いた朝はいっ…

謹賀新年

ついに『乙女のクラシック』が刊行され、たくさんのひとに祝っていただき、そんなすばらしき先達や仲間への愛と感謝でしめくくったはずの2011年だったが、実をいうといまだにしめくくった気がしていない。経理業務という仕事のせいではあるのだが、休暇をと…

【Life】乙女ロード巡礼記

(c)宮本明來ゼロ年代以降の「乙女」には、大きく2つの潮流がある。1)後期オリーブ少女やゴスに代表されるサブカルチャー。 従来の少女文化が、1990年代後半以降に、従来の少女趣味の枠にとどまらない多様な傾向を含む文化として再編されたもの。 2)女性…

©2007-2017 Salonette All rights reserved.