読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える!―― 高野麻衣オフィシャルサイト

【掲載情報】「池田理代子 デビュー50周年記念展」オフィシャルブックにて、「池田作品×音楽」エッセイ

3月8日の国際女性デーにスタートした「池田理代子 デビュー50周年記念展 -ベルばらとともに-」。圧巻の原画の数々、もうご覧になりましたか? 日本橋を皮切りに全国巡回するこの展覧会のオフィシャルブックに、光栄にも「池田作品×音楽」エッセイを寄稿させ…

【掲載情報】『Love Ballerina』にて浅川紫織 × ジョージ朝倉対談!

ローザンヌ国際バレエコンクールが閉幕。春はもうすぐ、という気持ちにさせられる年中行事です。 昨年末にはバレエと、それに憧れる女子文化への愛がたっぷりつまった、夢みたいなスタイルブック『Love Ballerina』が登場。発売直後から話題となりました。 …

【Anime】雲田はるこインタビュー前編「喜びだけじゃない、人間のすべての感情を」 | 「昭和元禄落語心中」特集 vol.4

©雲田はるこ・講談社/落語心中協会 『昭和元禄落語心中』、舞台は数年後―― 「じゅーげむじゅげむ」と歌う少年・信之助(見事に“現代っ子”を演じる小松未可子!)からスタートした第4回は、八雲(石田彰)と樋口先生(関俊彦)の丁々発止のやりとりに小夏(…

【Anime】石田彰の「死神」 | 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」特集 vol.3

©雲田はるこ・講談社/落語心中協会 金曜の夜が楽しみで仕方がない。 大統領就任式の影響かいつもより30分ほど遅れて始まった第3話も、屋形船の名シーンにはじまり大親分(『ハリー・ポッター』スネイプ先生役でおなじみの土師孝也)の初登場、助六(関智一…

【Life】HIT LIST of 2016/17 AW 「365日のキスのための10 tips」

あっというまに小正月。 年頭に綴った2017年のテーマを胸に、晴天の日々を過ごしております。 「ディテールが勝敗を分ける。そのディテールを日々、突き詰めているかどうか。きょうだけディテールを突き詰めてもダメなわけで、大事なのは日常なんです」 毎日…

【Anime】林原めぐみ×椎名林檎 「空気感」をつくる音楽 | 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」特集 vol.2

©雲田はるこ・講談社/落語心中協会 13日深夜2時半、話題のオープニングテーマ『今際(いまわ)の死神』が地上波に初登場した。 TVアニメ「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」OP 昭和最後の名人・八雲と、彼をとりまく人々の顔。その絆から立ち去り、地獄の業…

【Anime】なぜ「落語心中」は何度も“聴きたく”なるのか? | 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」特集 vol.1

(c)雲田はるこ・講談社/落語心中協会 アニメ『昭和元禄落語心中』の第2期〈助六再び篇〉が6日深夜、スタートした。 なんてあっという間の30分だったことか! 助六(与太郎)登場とおなじみのJazzyなテーマ曲で一気に高揚し、老境の八雲の色気に心酔し、萬…

【Art】「女王」にいたる道 [前編] | ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《フランス王妃 マリー・アントワネット》1785年 油彩、カンヴァス 276×193cm ヴェルサイユ宮殿美術館 ©Château de Versailles (Dist. RMN-GP)/©Christophe Fouin フランス史上、最も神話的な人物のひとりである王…

【Life】HIT LIST of 2016 SS 「英国万歳!」

残暑お見舞い申し上げます。 休暇から帰京し、先日は“わが聖域” 三菱一号館美術館へ。 大雨のなか、誰もいない一号館広場の静寂に浸り、晴れ間には、いつも美しいコンドルの薔薇たちに挨拶も。さまざまな表情を見かけるたびに、愛が深まります。 2016年上半…

【出演】Memories & Discoveries 第8回「マンガと音楽のラブソング」

そろそろヴァカンスの季節。 まとまったお休みには、気になっていた本の一気読み、したくなりませんか? 避暑地でゆったり読む小説もすてきですが、巻数の多いマンガを一日で一気するジェットコースター感もたまらないもの。この夏は「漫画、9番目の芸術」…

【掲載情報】25ans 9月号にて、METライブビューイングほか「ときめきカルチャーtips」を紹介!

7/28発売の25ans 9月号「ときめき買いリスト」特集にて、いま“心からときめくカルチャー”について語らせていただきました。 25ans |ハースト婦人画報社 「ときめき買いリスト」は、ファッション、美容、カルチャーを横断する、巻頭特集。 “トレンドも大事だ…

【掲載情報】情報メディア「SPICE」にて、「Ballet Princess」と萩尾望都のバレエ漫画を語る!

イープラス運営の情報メディア「SPICE」にて、3月末に行われたバレエ公演『Ballet Prinsess~バレエの世界のお姫様たち~』を振り返る記事を掲載していただきました。 鼎談させていただいたのは、実際に劇場でもご一緒したバレエ評論家の高橋森彦さん、宮本…

【掲載情報】「フィガロジャポン」8月号にて、音が聞こえる“音楽的”漫画をご紹介!

あすは夏至。 エメラルドの浜辺も美しい夏休みがテーマの「フィガロジャポン」8月号に、「“音楽的”漫画を聴く」というコラムを寄稿いたしました。 漫画は、読み進めている内は思考するところは働いていなくて、じゃあ何が働いているんだっていったら、音楽を…

【掲載情報】エンタメステーションにて、浦沢直樹の「マンガと音楽の熱い関係」をレポート!

Photo: Yuki Kuroyanagi ソニー・ミュージックエンタテインメント運営の情報サイト「エンタメステーション 」にて、マンガ家・浦沢直樹さんがイベントで披露した「マンガと音楽の熱い関係」をレポートをさせていただきました。 entertainmentstation.jp 浦沢…

【掲載情報】エンタメステーションにて、上坂すみれ×「魔女の秘密展」独占インタビュー!

ソニー・ミュージックエンタテインメント運営の情報サイト「エンタメステーション 」にて、人気声優で歌手の上坂すみれさんに独占取材させていただきました。 entertainmentstation.jp 上智大学のOGとして、以前から親近感を持っていた上坂すみれさん。 その…

【Stage】萩尾望都、「音楽の在りて」 | バレエ・プリンセス~バレエの世界のお姫様たち~

画:萩尾望都/提供:チャコット株式会社(禁無断転載) NHK『浦沢直樹の漫勉』への出演、『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』の開催などで、この春も、わたしたちを大いにエキサイトさせてくれている萩尾望都。 その萩尾先生が長年大切に…

【掲載情報】エンタメステーション『昭和元禄落語心中』特集、大好評御礼!

この2月、ソニー・ミュージックエンタテインメント運営の情報サイト「エンタメステーション 」にて、立体特集「昭和元禄落語心中」を展開させていただきました。 テーマはもちろん、「マンガと音楽の関係」。 落語という文化、そして噺家たちの素顔と業を愛…

【掲載情報】エンタメステーションにて『昭和元禄落語心中』大特集! 雲田はるこインタビューも

ソニー・ミュージックエンタテインメント運営の情報サイト「エンタメステーション 」にて、25日から立体特集「昭和元禄落語心中」を展開中です! テーマはもちろん、「マンガと音楽の関係」。 落語という文化、そして噺家たちの素顔と業を愛情たっぷりに描く…

【Life】HIT LIST of 2015 Winter 「されどエンタメの日々!」

大晦日の午後、ゆったりとすてきな1年を振り返る―― 一年間の感謝をこめて、恒例のHIT LISTをご紹介します。 ●WORKS ファンキーでグルーヴィできもちよかったー!!!!!!バッティのベートーヴェンで踊りまくってみんなで歓声あげて、よい年を迎えられそう。#fan…

【掲載情報】25ans 12月号「お嬢さんの時代」特集にて『坂道のアポロン』などを紹介!

10/28発売の25ans 12月号「『お嬢さん』の時代」特集にて、お嬢さんの登場する少女小説クラシックスとマンガ『坂道のアポロン』を紹介させていただきました。 35年前からお嬢さんたちに注目し続けてきた25ansが今、改めて理想とする女性像は、進化した”NEWお…

【掲載情報】エンタメステーションにて『黄金のアデーレ』『FOUJITA』他、映画祭の日々をレポート!

10月22日から10日間にわたって、六本木ヒルズ他で開催された第28回東京国際映画祭が閉幕しました。 ソニー・ミュージックエンタテインメントのポータルメディア「エンタメステーション 」では、映画評論家ではない“フツーの女子”による「TIFFリポーターズ」…

【掲載情報】エンタメステーションにて、東京国際映画祭リポーターチーム結成!

10月22日より六本木ヒルズにて開催中の、第28回東京国際映画祭(TIFF2015)。 ソニー・ミュージック・エンタテインメントのポータルメディア「エンタメステーション 」では、映画評論家ではない“フツーの女子”による「TIFFリポーターズ」を結成し、連日レポ…

【Life】新シーズン開幕! METから歌舞伎座まで「劇場」を楽しむ秋

10月も半ばを過ぎ、芸術の秋を満喫している人も多いはず。展覧会に読書に映画……なかでも観劇は、デートやパーティーと並んでおしゃれのしがいがあるシチュエーションだ。 25ans「エレ女の美容道」特集でも表明したとおり、「正装は人ありき」。劇場の人々に…

【掲載情報】赤石路代『暁のARIA』文庫版に、エッセイ「音楽に愛された、女優の一生」

発売中の小学館コミック文庫『暁のARIA』最終第7巻にて、巻末エッセイ「音楽に愛された、女優の一生」を掲載していただきました。 2013年に『マンガと音楽の甘い関係』を上梓して以来、「マンガ好きの音楽ジャーナリスト」あるいは「音楽にこだわるマンガ読…

【掲載情報】映画「バレエボーイズ」プログラムにて、応援コメント!

現在公開中の映画『バレエボーイズ』のチラシとプログラムにて、コメントを掲載していただきました。 15歳。一生忘れないと語った、更衣室の友情。でも夢を追いはじめたとき、その関係は変化していく――。チーム男子の輝きはもちろん、葛藤と別れが胸に響くド…

【出演】OTTAVA Domenica 第42回「夏空とボーイズライフ」(8月2日放送)

8月最初のテーマは「夏空とボーイズライフ」。 夏休みの子どもたちを思わせるどこかなつかしい楽曲や、少年合唱団、そしてを天使にまつわる音楽までご紹介いたします。 コープ:オペラ「氷の山」~第3幕「夏」 シューマン:子どもの情景~子どもは眠る、詩…

【Art】ぼくらの帰る場所 | 「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」

「大気圏突入!」というセリフに興奮しない人がいるだろうか。 ホワイトベースのメインブリッジを模したスペースで、大気圏突入をめぐる戦いを体感する。ブライトやミライの作戦指揮、目の前で繰り広げられるガンダムとシャアザクの戦い――『機動戦士ガンダム…

【出演】OTTAVA Domenica 第41回「海のアリア」(7月19日放送)

※プレゼント企画へのたくさんのご応募、ありがとうございます。応募の締め切りは26日(日)まで。また、本日の再放送は25日(土)午後1時からです。 本日のテーマは「海のアリア」。あすの「海の日」にあわせて、大西洋に北海、アドリア海……さまざまな色合いの…

【出演】OTTAVA Domenica 第39回「黒船が来た!」(7月5日放送)

7月最初のOTTAVA Domenicaは「黒船が来た!」。 本日の目玉は「METアンコール・スペシャル」前編。これまで9年間の傑作のなかから、選りすぐりのMETライブ音源が、ついにニューヨークからやってきました! 本日ご紹介したのは、 ヴェルディ:歌劇「マクベ…

【Art】菱田春草、人気のひみつ | 明治東京恋伽 × 伊勢丹 「めいたん呉服店」

©魂依保存委員会 伊勢丹新宿で開催中の「和の事はじめ×めいたん呉服店」へ(7/2)。 お香や書道などの和文化の楽しみ方を紹介する「和の事はじめ」と、今夏劇場アニメ公開が話題の人気乙女ゲーム『明治東京恋伽』(通称:めいこい)がコラボ。あの伊勢丹で、…

【掲載情報】『のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ』DVD-BOXにて、「クラシック音楽×キャラクター」コラム

本日発売の『のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ』DVD-BOX1/ BOX2のブックレットにて、コラム「『のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ』を彩る音楽」を掲載していただきました。 完成品を送っていただき感動したのですが、DVD-BOXはマカロンカラー…

【Art】「現在」と「未来」への旅 | 国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展 from 1989」

美術館ウィーク、2日目は乃木坂へ。 国立新美術館でスタートした 「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展 from 1989」は、われわれの世代にはたまらない思春期再放送博覧会だった。 1989年というのは、忘れられない年だ。はじめに昭和が終わり、天安門事件が起…

【出演】OTTAVA Domenica 第37回「夏至祭の夜」(6月21日放送)

本日は「夏至祭の夜」と題して、北欧の白夜の幻想的なお祭りや、妖精と魔物が飛びかう不思議な音楽を特集します。登場するのは、 アルヴェーン「夏至の徹夜祭」 グリーグ「5つの詩~第2番:私は夏の夕べにさまよい」 ムソルグスキー「はげ山の一夜」 ドビ…

【掲載情報】タワーレコ―ド「intoxicate」 4月号にて、小沼純一×高野麻衣「のだめ」トーク!

(C)二ノ宮知子/講談社 (C)2014 Group8 & SPO All Rights Reserved タワーレコ―ドのフリーマガジン「intoxicate」 4月号にて、音楽・文芸評論家 小沼純一先生との対談を掲載していただきました。 お題は韓国でTVドラマ化された名作『のだめカンタービレ』…

【出演】OTTAVA Domenica 第27回「人生のエル・システマ」(4月5日放送)

イースターのOTTAVA Domenica、テーマは「人生のエル・システマ」。先週開催された「ドゥダメルと子どもたち」にはじまり、アカデミー3部門受賞の話題作『セッション』や名作マンガ『BANANA FISH』まで、「再生」についての音楽旅行です。 ◇ドゥダメルとこ…

【Event】青春と恋と音楽と! | ラ・フォル・ジュルネ新潟

3月7日(土)と次週の2回にわたりFM PORT「クラシックホワイエ」で、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2015特集」が放送されます! 1日(日)、新潟市万代のメディアシップで行われたラ・フォル・ジュルネ新潟2015プレイベントの公開録音には、今年も200名を超える…

【掲載情報】女性自身2/24号にて、「大人もハマる少女漫画」をセレクト!

本日発売の『女性自身』(光文社)にて、「大人もハマる少女漫画」をご紹介させていただきました。 大先輩・門倉紫麻さんらと出しあったオススメの結果、ランキング第1位となったのが平安王朝ロマン『とりかえ・ばや』。第2位の 『夢の雫、黄金の鳥籠』と…

【掲載情報】美人百花 2月号にて、「アガる本」3冊をご紹介

ついに「美人百花」デビュー! 創刊から読んできた大好きな雑誌で、初の選書をさせていただきました。テーマは「自分を高める本」。歴史、ビジネス、そして少女マンガから1冊ずつ、勇気をチャージするための3冊をご紹介しました。 侯爵夫人ポンパドゥール―…

【掲載情報】25ans 2月号「LOVEこそすべて!」にて、マンガ愛を表明!

結婚発表直後の杏ちゃんの笑顔も晴れやかな25ans 2月号。 特集「LOVEこそすべて!」にて、20年に及ぶ萩尾望都先生への愛を語らせていただきました。『トーマの心臓』での出会いから、『残酷な神が支配する』で構築された10代の趣味嗜好のこと、現在の『王妃…

【Art】魔法使いの工房 | 三鷹の森ジブリ美術館

日曜日、三鷹の森ジブリ美術館を訪れた。森、とは比喩ではなく、井の頭恩賜公園の広大な敷地の一部。紅葉がはじまったばかりの木々に囲まれた洋館は、そのまま映画のなかに登場しそうな佇まいだった。ちょうどアドベントのタイミングで、館内いっぱいにクリ…

【Art】上野が陥落した日 | 「進撃の巨人」展

昨日は、上野の森美術館ではじまる「進撃の巨人展」内覧会へ。 累計発行部数4000万部を突破した、別冊少年マガジンの連載の大規模展。 公開中の映画の原作でもある。【Movie】僕たちが戦う理由 | 『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』 - Salonette【M…

【出演】OTTAVA Domenica 第8回「スペインの世紀」(11月23日放送)

今週のOTTAVA Domenicaは、新国立劇場オペラ講座第2弾! 音楽ヘッドコーチ・指揮者の石坂宏さんによるピアノ演奏付き『ドン・カルロ』大解剖……ということでテーマは「スペイン」。 満を持して、青池保子の名作『エル・アルコンー鷹ー』も登場します。 (オ…

【掲載情報】LEE 12月号にて、「胸キュン少女マンガでときめきアップ!」

11月7日発売の「LEE」12月号(集英社)にて、「胸キュン少女マンガ」をご紹介しています。 採用されたのは水城せとな『失恋ショコラティエ』。……ですが、インタビューでは吉田秋生『BANANA FISH』、さいとうちほ『とりかえ・ばや』、そしてなにより萩尾望都…

【Movie】僕たちが戦う理由 | 『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』

巨人がすべてを支配する世界を舞台に、巨人の餌と化した人類の抵抗と自由への闘いを描く大ヒット・アニメーションの劇場版。 シガンシナ陥落からトロスト区奪還戦までを描いたテレビシリーズ13話分を再構成し、2時間に凝縮している。 その興奮密度とスピー…

【Art】あのときの100のKiss | わたしのマーガレット展

20日からスタートする「私のマーガレット展」へ。 1963年に創刊され『ベルサイユのばら』などの名作を世に送り出してきた「マーガレット」「別冊マーガレット」という“雑誌”を主役に、少女マンガの半世紀を描き出す大規模展だ。 王冠のロゴが燦然と輝く入り…

【掲載情報】25ans 12月号「帰ってきたプリンセス美容」特集にてプリンセス・カルチャーガイド

2013年、姫マインドについてのコラムがご好評をいただいた25ans「プリンセス美容」特集が帰ってきました! 今回はコラムも大増量。「2014年「プリンセス」はしなやかに強く!」というテーマで、『アナと雪の女王』『マレフィセント』からリアルな王室の動向…

【掲載情報】FRaU 8月号「進撃の読書」にて、マンガ大賞発表!

FRaU 8月号(講談社)にて、選考会に参加したフラウマンガ大賞が発表されました! 大賞はハマリ中の『逃げるは勝ちだが役に立つ』(海野つなみ)。恋に仕事に、と息苦しいとき、わたしを救ってくれるカンフル剤です。 同時受賞として『王妃マルゴ』(萩尾望…

【掲載情報】「魔法少女まどか☆マギカ オーケストラ・コンサート」にコラム掲載

池袋シネマチ祭関連イベント「魔法少女まどか☆マギカ」オーケストラ・コンサート(6/7@東京芸術劇場, 7/12@浜松アクトシアター)のプログラムに、コラム「TEMPESTOSO AFFETTUOSO (嵐のように、愛をこめて)」を執筆しました。 梶浦由紀による楽曲の魅力と、魔…

【お知らせ】FRaUマンガ大賞選考委員として、最終選考会へ!

結果発表は、7/12発売のFRaU 8月号をお楽しみに♪ FRaU (フラウ) 2014年 08月号 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/07/11 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (5件) を見る

【掲載情報】水城せとな『少女人形』文庫版に、エッセイ「いとしき共犯者たち」

今夜もビタースウィートが止まらない『失恋ショコラティエ』。原作者・水城せとな先生の作品集『少女人形』(小学館文庫)に、解説エッセイを書かせていただきました。『ヴァイオリニスト』から『黒薔薇アリス』まで、水城作品に流れつづける「音楽」ととも…

©2007-2015 Salonette All rights reserved.