Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

Stage

【掲載情報】『Love Ballerina』にて浅川紫織 × ジョージ朝倉対談!

ローザンヌ国際バレエコンクールが閉幕。春はもうすぐ、という気持ちにさせられる年中行事です。 昨年末にはバレエと、それに憧れる女子文化への愛がたっぷりつまった、夢みたいなスタイルブック『Love Ballerina』が登場。発売直後から話題となりました。 …

【連載】きょうの姫キャラ 第9回 「マハゴニー市の興亡」

クルト・ヴァイル「マハゴニー市の興亡」へ。 ワーグナー的「救済」と「セカイ系」を断固拒否する傑作! ヒロインであるジェニーが主人公ジミーを見離し、「死んだら終わりよ」と絶唱したときの爽快感! ああ、こういうのが観たかった! 歌う彼女を取り巻い…

【掲載情報】情報メディア「SPICE」にて、「Ballet Princess」と萩尾望都のバレエ漫画を語る!

イープラス運営の情報メディア「SPICE」にて、3月末に行われたバレエ公演『Ballet Prinsess~バレエの世界のお姫様たち~』を振り返る記事を掲載していただきました。 鼎談させていただいたのは、実際に劇場でもご一緒したバレエ評論家の高橋森彦さん、宮本…

【Stage】萩尾望都、「音楽の在りて」 | バレエ・プリンセス~バレエの世界のお姫様たち~

画:萩尾望都/提供:チャコット株式会社(禁無断転載) NHK『浦沢直樹の漫勉』への出演、『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』の開催などで、この春も、わたしたちを大いにエキサイトさせてくれている萩尾望都。 その萩尾先生が長年大切に…

【Life】新シーズン開幕! METから歌舞伎座まで「劇場」を楽しむ秋

10月も半ばを過ぎ、芸術の秋を満喫している人も多いはず。展覧会に読書に映画……なかでも観劇は、デートやパーティーと並んでおしゃれのしがいがあるシチュエーションだ。 25ans「エレ女の美容道」特集でも表明したとおり、「正装は人ありき」。劇場の人々に…

【Movie】夢と野望の王国 | 『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』

今年は、ドキュメンタリー映画の当たり年なのかもしれない。 そんな確信を抱いたのは映画がはじまってすぐ、ボリショイ劇場の元バレエ芸術監督アキーモフが、こんなふうに語りだしたときだった。 ボリショイ劇場は、定期船と同じだ。航海を続けることを運命…

【Stage】父の娘、シシィ | ミュージカル『エリザベート』

「父の娘」とはユング派の女性分析家によって1980 年代に生み出された概念で、「父なるもの」の強い影響下にある女性といった意味をもっている。父の期待に添うように、愛に応えるように、父を規範として成長した娘たちは、頭の中身も父に似通ってくる。そし…

【Stage】雨の真夜中にタクシーを | ミュージカル『サンセット大通り』

5月に宝塚歌劇団を退団した夢咲ねねの初舞台へ(7/9 赤坂ACTシアター)。 アンドリュー・ロイド=ウェバーによる名作ミュージカル『サンセット大通り』。 舞台は1940年代のハリウッド。大女優ノーマ・デズモンドのあまりに残酷な生きざまと、耽美かつエモー…

【Stage】闘うプリンセスと七月革命 | ミュージカル『レ・ミゼラブル』

ミュージカル『レ・ミゼラブル』を鑑賞(5/18 帝国劇場)。 お目当ては、エポニーヌ役・平野綾。『モーツァルト!』のコンスタンツェ役で大ファンになり、今年のプリンセスのひとりに掲げている注目の人である。 【Life】The Princess Year 2015~極私的・姫…

【Stage】ホレイシオ、天と地のあいだ | 彩の国シェイクスピア・シリーズ『ハムレット』

彩の国さいたま芸術劇場にて、藤原竜也主演の『ハムレット』を鑑賞(2/12)。 蜷川演劇はもちろんシェイクスピア劇自体ひさびさだったが、藤原竜也のハムレットにいたっては、シアターコクーンで観て以来じつに12年ぶりという衝撃! ポスターひとつでも伝わ…

【Stage】「仮面舞踏会」の真実 | ミュージカル『白夜の誓い―グスタフ3世、誇り高き王の戦い―』

宝塚宙組のミュージカル『白夜の誓い』を観賞。ヴェルディのオペラ『仮面舞踏会』のモデルにもなった、スウェーデン国王グスタフ3世(1746-1792)の物語だ。 舞台は『ベルサイユのばら』と同時代。そう、グスタフはハンス・フォン・フェルゼンの君主でもある…

【Stage】エトワール、夢のあとさき

西の友人から、星組通信が届いた。まもなくはじまる戦いへの決意とトップ娘役への愛をこめて、コラムを再掲する。 きっかけは、「トップ娘役」の夢咲ねねだ。彼女をはじめて意識したのは2010年夏、雑誌『宝塚GRAPH』の表紙だった。金髪のウェーブヘアに、ふ…

【Stage】トップ娘役の条件 | ミュージカル『アーネスト・イン・ラブ』

週末、宝塚花組のミュージカル『アーネスト・イン・ラブ』を鑑賞。 オスカー・ワイルドの傑作喜劇『まじめが肝心(The Importance of Being Earnest)』を原作に、ブロードウェイがミュージカル化。ワイルドの皮肉たっぷり英国芝居のセリフ(一言多い)が、…

【Life】HIT LIST 2014 vol.3 「スキの情熱で世界を変える」

RENAISSANCE ニール・ジョーダンが手掛けたドラマ『ボルジア家 愛と欲望の法王一族』も最終回。ジェレミー・アイアンズ演じる法王の描き方がロマンティックであること、システィーナ礼拝堂や宮殿に流れる音楽、そしてチェーザレとルクレツィアの兄妹(写真)…

【Life】HIT LIST 2014 vol.2 「薔薇とモーツァルト!」

INTERIOR 2014年おきにいりの一枚。花を欠かさないのはもちろんですが、「壁で人生のストーリーが7割決まる」ときいてから、そこをいかに彩るかを意識するようになりました。やっぱり一番ほしいのは本物のアート。名画のレプリカより、橋爪彩さんのような、…

【Life】HIT LIST of 2014 Summer

8月のおわりに、あいかわらず夏休み感覚のまとめ日記を。 ●PRINCESS● この夏いちばん印象に残った出会いは、安倍なつみさん。トップアイドルから10年、ソロとしてもがきながらも歩みつづけてきた彼女の、集大成ともいえるアルバム『光へ -Classical & Cross…

【Art】音楽と絵画をまとう | 国立新美術館「バレエ・リュス」展

「魅惑のコスチューム: バレエ・リュス展」の取材へ。 暗闇を抜けて足を踏み入れた空間には、鳴り響くボロディンやチャイコフスキー。ニジンスキーの神話の世界。眠り姫のドレスに、貴婦人のマント。さくらんぼ。ピンクのリボンの白いプードル。星座を描いた…

【Music】花咲く乙女たちのクラシック | オペラ朗読劇「三浦環物語」

サントリホール ブルーローズにて、二期会WEEK第三夜 オペラ朗読劇「三浦環物語」を観劇した。世界を舞台に「蝶々夫人」を体現したプリマ・ドンナ、三浦t環の生涯を、歌手たちの朗読劇と歌唱によって振り返る意欲作だ。 リハーサル風景に見かけた海老茶袴に…

晴雨計 第23回 「歌舞く年」

新年です。年末までイベント続きだったため、今年は都内でお正月。お花を飾った部屋でウィーンのニューイヤーコンサートを聴いたり、親しいひとと近所へ初詣に行ったり映画三昧したり、じつにゆったりと過ごしました。週末には、女優の小橋めぐみさんと三菱…

晴雨計 第3回 「オペラ泥棒」

「Aimer 君だけを Aimer 愛している」―― 先週から、鼻歌が止まりません。念願だった宝塚歌劇団星組のミュージカル『ロミオとジュリエット』を観劇したからです。 シェイクスピアによる英国産の名戯曲を、隠れたミュージカル大国フランスがサスペンスフルにこ…

【Stage】乙女のタカラヅカ案内Vol.1~わたしが愛する3つの理由

こんばんは、高野麻衣です。 2週間あまりにわたったラ・フォル・ジュルネ全国ツアー(新潟、京都、東京)とその残務も終え、すこしほっとした週末。ごほうびに、東京公演がはじまったばかりの宙組『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!』を観劇してきました…

【Stage】乙女のタカラヅカ案内、はじめます

こんにちは、高野麻衣です。 去る18日の文学フリマ、および通販にて紙版「花園magazine」第1号をお求めいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで用意した100部が完売いたしましたので、昨日、受付を一度締め切らせていただきま…

【お知らせ】オタク女子文化研究所「はじめての宝塚」、出演!

5月が終わってしまうことにうろたえています。 美しい5月、バラの花の5月…… だいすきな季節に体調を崩してしまい、関係者さまにはご迷惑をおかけしました。 ようやく調子が戻って幸福なので、キープできるよう、自分史上最高に規則正しい生活をしています…

【Stage】花咲ける乙女道

長いあいだ、 「乙女の必須科目、タカラヅカをどうして観ないの!」 「宝塚“おとめ”なのに!」 「マリー・アントワネットといえば花總まりなのに!」 という叱咤激励を受けてきた。おもに男性から。 ええ、みなさん、おっしゃるとおりでした。私は物心ついて…

続 その高貴なる女

■パリ、現在 バレエ・リュスを生み出したパリは、いまも「過去と現在」を踊り続ける。 象徴的なのが、「オペラ・ガルニエ」と「オペラ・バスティーユ」。 第二帝政の威容を放つパリの象徴と、ミッテラン政権下に計画された新しいカルチャーの発信地。 「もち…

その高貴なる女

映画『バレエ・リュス』(Ballet Russes, '05年アメリカ)を鑑賞。 2008年初映画は、乙女としてロシア・バレエをセレクト。 おさらいのつもりだったのだが、それどころか、未知の真実に驚きと涙が隠せない。「バレエ・リュス」(ロシア・バレエ団)は、天才…

ベジャール、バレエ、リュミエール

人は流れ行く瞬間を止めようとする、愚かなことだ。 一瞬は、時間を豊かにし、もう一つの瞬間を生み出すためにのみ存在する。 私も一瞬でしかない。 他者の人生の中での一瞬… モーリス・ベジャール『他者の人生の中での一瞬…』(前田充訳、劇書房) ベジャー…

©2007-2017 Salonette All rights reserved.