Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

さよなら、ガーリィ

2ヶ月+7日ぶりの更新。 
ご無沙汰しております。
このような体たらくにもかかわらず、いつもチェックしてくださる皆様にごめんなさい&ありがとう。
アクセス数は、ただの数字ではない…愛です。
遅まきながら、メールやコメントへのお返事も再開します。
週末あたりゆるりと、チェックしていただければ幸いです。

空白の日々を駆け足で。

【仕事編】
パトリシア・プティボン、“待望の来日”はおおげさじゃなかった(4/10)。アーン だ い す き!*1
福島県の新ホールいわきアリオスのピアノ開きコンサート(4/13)。小山実稚恵と、10年前の自分のような地元クラ乙女に心が洗われる。すぐれた文化拠点となりますように。
・ LFJ(5/2-6)は諸事情により満喫には程遠く。バーバラ・ヘンドリックスのリートと、コルボのミサ曲第6番に涙できたからよしとする。雨模様をものともしない活気。底力あり。関係者の皆様おつかれさまでした!!
・ 大御所・堤剛&小山によるアルペジオーネ・ソナタもよかった。当日(5/3)は小山さんのバースデイ。堤さんのチェロに合わせ、Happy Birthdayを合唱。ケーキも登場。*2
ルネ・マルタンにインタビュー。初開催のLFJ金沢とLUMIXのカメラ(黒)について熱く語る。来年はぜひ金沢へも行きたい。
・ フランス語は膠着状態に突入…
・ ところで来年のLFJテーマは「バッハとバロック!!
キングレコードからはひと足(?)お先にバロック・ベストがリリース。ライナーを書かせていただいた。Hさま、その節はありがとうございました。来るバロック年に向けてまたなにかやりましょう!ブラレイも、機会を見つけてみっちりご紹介します!!*3
パリ・オペラ座バレエ『ル・パルク』(5/23)。モーツァルトロココのドレス、恋愛遊戯が身を焦がす愛に変わるストーリー…映像で一目ぼれした作品と邂逅。エトワール・ルグリ最後の来日も見届けられて、大満足。
青弓社より、『クラシック・スナイパー2』につづき『宝塚イズム4』(6/6)刊行。初参加。テーマは前述のとおり「ガーリィ・タカラヅカへようこそ」。次回は「ベルばら」特集!!!

【プライベート編】
・ 5月、生まれて初めてガンダムを観る。ハマる。
・ というより、シャア・アズナブルに惚れずにはいられなかった。悲運の王子。
・ シャアの半生を追うべく、Zガンダム」「ガンダムZZ」「逆襲のシャアを立て続けに視聴。ハマる。
・ というかもはや、「Zガンダム」のDVD-BOXはほしいと思った。劇場版じゃなくて、テレビシリーズ50話のほう。うらやましいな、安野モヨコ!!*4
現在放映中のガンダムが、昔好きだった少女漫画家によるデザインと聞き、半信半疑で視聴。ハマる。

燃え上がるガンダム熱とともに、女子力が、このブログのレゾンデートルたる女子のパワーが危機に瀕していることは自覚している。
でも、まだ大丈夫。
そろそろ、「ベルばら」の資料集めに日比谷に行かなくちゃだもの。こうしてクープランラデュレの紅茶を飲んでいるし、JILL STUARTのワンピだって着ているもの。
そもそもシャアが好きなのだって、少女マンガのニヒルな敵役が好きな気持ちと変わらないのだもの。*5 
オールドローズを購い、ガンプラの横に置いてみる。 意外となじんだ。
しかし、脳内のシャアが冷たい声でささやく。
「はっきり言う。気に入らんな」
「そうですわね…大佐」
頷きながら私は、戻れない橋を渡っていた。 

*1 プティボンはフランスのソプラノ。クリスティ系だから(?)、声のみならず、選曲と演出のセンスも一流。
来日記念盤『フレンチ・タッチ』>>
今回は機を逃したが、いずれ詳細をレポートしたい。

*2 このノリがすき。

*3 フランク・ブラレイは、アルゲリッチ音楽祭とLFJでおなじみになったピアニスト。 キングレコードHさんにとって、彼のプロデュースはライフワーク並。応援してます。
彼自身についてもいずれ大きくフィーチャーしたい!!

*4 安野モヨコの夫君は、「エヴァンゲリオン」のアニメーター兼“日本のおたく四天王”庵野秀明。DVDとフィギュアの所有数たるや…!!


*5 昔から一貫して、冷酷な美形で影があって難しい性格でヒロインと結ばれない男が好き。だめんずともいう。

©2007-2017 Salonette All rights reserved.