読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

正念場だ、ジョニー


朝起きると頭がおもい。
低気圧だ。
渋谷のオフィスにAちゃんが来る日なので、借りていたくるりのCDをもってゆく。
スポット的にすきだったくるりだが、Aちゃんがデビュー時からのファンだと聞いて、入門セット一式(?)を持ってきてもらったのである。
やはりどれもすきだが、最新アルバムの『魂のゆくえ』が最高によかった、と報告した。
すると、最新作にはくるりのレーベルの新人の女性ピアニストが参加しているから彼女の色が出ている、それがマッチしたのではないか、と分析してくれた。
なるほど。 
 
昼頃、取引先からクレーム。
とても難しい案件。
担当のバーチャが、気合を入れつつ不安げな顔で出かける。

数時間後、雨が降り出した。
バーチャから、道に迷ったというレスキューコール。
雨が降って転んでシャツがグダグダだ、とぐったりしている。

帰社してからもぐったりしている。
案件はうまくおさまったらしいが、精神的にひどく疲れたのだろう。
ランチをとろうともせず、野良のフレンチブルドッグに馬鹿にされたハラ立つ、とくり返している。
なにいってんの、とまぜっかえしてやると、ようやく笑った。
 
 
「かごの中のジョニー」という曲があって、とりわけ好きだったので一日じゅう頭に響いていた。
なんとなく教えてやりたかった。

朝、メールを開いたとたんに各編集者からのメールが一気に来ていたり、さりげなく編集長の激励を教えてもらったり、演奏者の側から直にメッセージをもらったり。
わたしこそ正念場かもね、ジョニー。
とても脱力した音楽なのだけれど、不思議と気合が入る。 

 

魂のゆくえ

魂のゆくえ

 

 

 
©2007-2017 Salonette All rights reserved.