Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

24時間戦いたいんだ

怒涛のごとく時が流れる。
あっというまに月末作業の時期。
外は凍えるようだし、クリスマスソングだし、一気に師走気分。

渋谷では、クライアントからの急な依頼に振りまわされ通常の3倍疲れた。
おなかいたいのに。明日の朝原稿〆切なのに。
  
 
今夜は徹夜しかない。
帰宅途中にコーヒーと鎮痛剤と栄養ドリンクを購い、銀魂を見ながらメールチェックしていると、どうやら小林真央は海老蔵と結婚するらしい。
展開が速い。
彼女も27歳(卒業は1年後輩)ということでもうなんとも妥当だし、要領のいいことだと感心するが、フリーになって苦戦中の同い年の姉をおもうと複雑である。
お姉さんの、アイドル局アナでいつのまにか30になっちゃって、できるところも見せたいのにうまくいかない心境を勝手に想像して共感していたので、けっこう他人事ではない。

50歳からみたら小娘でも、30歳は若くない。
職歴3年以上だったら確実に中堅だろう、特に女の場合は。
かといってがむしゃらに仕事をしていたら肌は衰えるはクマはできるはデートできないはイライラするはで、もしもいい仕事が残せなかったら、こんなにボロボロになってわたしはなにをしたいんだろう――と思わないでもない。

でもそれでも書きたいことがあって、作りたい本があるなら、それをしない人生になんの意味があるのだろう。

忙しくなればなるほど、やりたい仕事が増えていく。
それを実現するためにも、仕事の場で「オネエチャンが来た」と思われないような落ちつきと、思慮深さがほしいと思う。
若づくりした結果、老けて見える30歳より、老けづくりをして若く見られる30歳のほうがいい。
姑息だけれど、そういう意味でも真央は聡いんじゃないか。
そういうの、きらいじゃない。 

 

働きマン(1) (モーニング KC)

働きマン(1) (モーニング KC)

  
©2007-2017 Salonette All rights reserved.