Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【Art】マカロンカラーの印象派 | 国立新美術館「オルセー美術館展」

f:id:otome_classic:20140712222607j:plain

 午後、オルセー美術館の内覧会へ。

 ”印象派の殿堂”から84点もの来日ということで、どこをとっても贅沢な空間ーーとはいえマダムっぽさはなく、ブルー、マゼンダ、イエローと、テーマごとに変わるマカロンカラーの壁紙と高い天井が、パリ気分を盛り上げる。

f:id:otome_classic:20140712222639j:plainf:id:otome_classic:20140712222727j:plain

 音楽とのコラボレーションも満載。

18日(金)には読響メンバーによるコンサートが開かれるほか、この展覧会のアイコンでもあるマネ「笛を吹く少年」の再現楽器や、音声ガイドに収録されたドビュッシー自演の自動演奏ピアノにも注目したい。

ちなみにナビゲーターは、パリコレ・モデル出身の俳優東出昌大さん(下写真)。

f:id:otome_classic:20140712222840j:plain

 お土産はマリアージュ・フレールの特別銘柄「印象派の誕生 Naissance de L'Impressionnisme」に決まり!と考えていたのだけれど、アンリ・シャルパンティエのガトーやH.P.FRANCEのアクセサリーも愛らしく、目移り。とりいそぎFELISSIMO製作の「モネの草上の昼食 おすそわけ袋」(バスケット風ジップロック)を購入。一気にピクニックへ出かけたくなった。

翌9日の夜に開かれたオルセー美術館展×H.P.FRANCEのローンチパーティでは、ミッドタウン ガレリア2階のいつものショップが、まるで美術館に!

「笛を吹く少年」やルノワール「ダヤン夫人」を意匠にしたアクセサリーや帽子、画家たちの名画を刻んだセルジュ・トラヴァルにときめいた。

ルノワール曰く「痛みはいつか消えるが、美は永遠に残る」ーー 

f:id:otome_classic:20140712223009j:plain

f:id:otome_classic:20140712223050j:plain

ピッコロやフルートのサプライズ演奏があったり、パリが恵理の画家・堀江隼さんに似顔絵を描いてもらったり、アートへの愛に満ちた時間を愉しんだ。

©2007-2017 Salonette All rights reserved.