読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

【Movie】いばらの森でつかまえて|『マレフィセント』

f:id:otome_classic:20140716233231j:plain

公式二次創作の鑑のような物語。
童話やアニメーションにせつない前日譚や行間を加えるというギミックはおなじみだけれど、この作品の功績は、マレフィセントの使い魔(カラス)を美青年ディアヴィルという人格にしたことだ。
最愛の男に裏切られたせいでうまく愛情を示せなくなった女王の腹心であり、軽口をたたく友でもあり、そのあたたかい眼差しに恋愛感情まで匂わせる「見守り系」。ラプンツェル」も「雪の女王」そうだったが、いまは王子よりもこの手の「見守り系」が王道になりつつあるのかも。

真実の愛なんてない、と絶望するマレフィセントにかけたことばが印象的だった。
「あなたがそう思っても オーロラはどうかな?」
ディアヴァルのこの言葉が耳に残ったのは、「世界を規定するのは自分の心」というメッセージに感じたから。モンテーニュの言葉を思い出す。
 「我々の心がが運命を幸福にも不幸にもする唯一の原因であり、支配者なのである」
 
伝統芸である美しい予定調和には満足したが、予想以上のファンタジー&アクション。
わたしは「眠れる森の美女」の中世の描写とメアリー・ブレアの色彩、そしてチャイコフスキーをこそ愛しているのだと再確認したのも意義深かった。
©2007-2017 Salonette All rights reserved.