Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【Art】Bunakamuraザ・ミュージアム「ボッティチェリとルネサンス」展記者発表会

f:id:otome_classic:20150321181114j:plain

10月1日、来春Bunkamuraザ・ミュージアムにやってくる「ボッティチェリルネサンス フィレンツェの富と美」の記者発表会が行われた。

フィレンツェのストロツィ宮で好評を博したこの企画、原題は「マネー&ビューティ: 銀行家、ボッティチェリ、あるいは虚栄の焼却」。

ボッティチェリやその師匠リッピら画家たちはもちろん、ロレンツォ・メディチサヴォナローラといった歴史好きにはたまらない名詞が並ぶほか、金貨や経済活動にまつわる絵画、富めるフィレンツェと結婚、銀行家と芸術家の関係性など、これまでアートの世界では表だって語られてこなかった「マネー」という切り口がとても新鮮だ。

まもなくスタートする「ウフィツィ美術館展」(東京都美術館)とも連携するものだそうだが、注目はやはり、ピアチェンツァ市が期間限定(3/21-5/6)で出品する門外不出の名作『聖母子と洗礼者ヨハネ』。

f:id:otome_classic:20150321205200j:plain

薔者に佇む3人は、フィレンツェのもっとも幸福な時間の象徴。その後の凋落とサヴォナローラによる「虚栄の焼却」を思えば、ひとときの美が胸にせまる。

会見では大使閣下や、なんと日帰り来日中だというピアチェンツァ市長、Bunkamuraザ・ミュージアム プロデューサー木島俊介氏のお話も興味深く、なんとも幸せな午後となった。

なにより、この、イタリア大使館のロケーション! かつては伊予松山藩の中屋敷だったという和洋折衷の洋館で、おいしいイタリアワインもふるまわれた。

f:id:otome_classic:20150321205359j:plain

f:id:otome_classic:20150321205423j:plain

f:id:otome_classic:20150321180505j:plain

「企業家とアーティストの絆を、メセナといいます。イタリアが誇ることばです」と、すばらしいお話をしてくださった駐日大使ドメニコ・ジョルジ閣下と。ダンディ。

ボッティチェリルネサンス フィレンツェの富と美」は2015年3月21日から、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される。

ああ、楽しみでしかたがない!

www.bunkamura.co.jp