Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【Music】優しくも愛らしく | バッハ・コレギウム・ジャパンのクリスマス物語(パジェント)

f:id:otome_classic:20141225212021j:plain

キリスト教は私にとって、永遠の、憧れの舶来のドレスだ。

物語のなかに登場する美しい文語体の祈りの言葉。クリスマスのごちそうやキャロル。旅先で出会った中世の聖書の装飾。妙なるバランスで並んだ教会の尖塔。あるとき見た、ステンドグラスごしの厳かな光の打ち震えるような美しさ――輝かしいエレメンツで綾なされたドレスに触れるたび、憧憬はいくども塗りかえられた。

クリスマス・キャロルは、私の「音楽」の根源なのかもしれない。

そんなことを24日、サントリーホールのクリスマスオルガンコンサートを聴きながら思った。

f:id:otome_classic:20141224193754j:plain

聖夜を、パイプオルガンの響きとともに過ごすコンサートだ。いつも独特の輝きでステージを見下ろしているオルガンが、あえかな光のようなデコレーションで優雅にめかしこんでいた。

バッハの「ファンタジー ト短調」が鳴り響いたとき、ホールそのものが楽器になるいう、あたりまえの事実に驚愕してしまった。ホールはもちろん客席も、私たちも、すべてが共鳴して音をつくり出していた。

楽器のなかに入りこんだような不思議な感覚。これまで経験したことのなかった浮遊感だった。

(もしかしたら、萩尾望都が『海のアリア』で描いたベリンモンは、こういう楽器なのかもしれない。)

オルガンの残響が鳴りやむと、ステージには合唱団の歌声が響き渡る。

  イギリスの古いキャロル/鈴木優人 編:まきびとひつじを


King's College Cambridge 2010 #15 The First ...

  グルーバー/鈴木優人 編:きよしこの夜
  J. S. バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
  鈴木優人:キャロル・メドレー2012(町の片隅の飼葉桶のなかで~天なる神にはみさかえあれ~ディン・ドンほがらかに) 


King's College Cambridge 2010 #9 Ding! Dong ...

  キャロル:いきるものすべて
  J. S. バッハ/鈴木優人 編:優しくも愛らしく

オルガン曲とキャロルのあいだいには、波多野睦美さんの歌声がや白井圭さんのヴァイオリンがくりかえし響く。そこで紡がれるのは「遠い森の中に」というルネサンスの聖歌。プロムナード(Promenade=散歩道)の名のとおり、吟遊詩人のように動きながら紡がれる聖歌は、浄化するようにホールを満たしていた。

第一部が終了し、ステージで挨拶をした波多野さんのドレスが、アドベントの祭服とおなじ、厳かな深い紫色だったのにも感動した。

 

第二部では懐かしいキャロルを、波多野さんの語りによるクリスマスパジェント(キリストの誕生劇)の形式で味わうことができた。

f:id:otome_classic:20141224205039j:plain

聖母マリアのもとに天使ガブリエルが現れる「受胎告知」(マリアと天使の二重唱の美しさ!)から、イエス誕生を祝う「グロリア」、“最初のクリスマス・プレゼント”を届ける三博士の来訪まで。

とくに鈴木雅明さん演じる宿屋の主人や、羊と羊飼いたち(すべて合唱団!)が歌う「神の御子は今宵しも」、


King's College Cambridge 2008 #17 O Come, All ...

かわいいかわいいベツレヘムの星(写真中央)の登場に、会場の空気がどんどん和やかになっていった。まるで教会にいるようなあたたかな空気。随所に演奏されるラインベルガー「ヴァイオリンとオルガンのための6つの小品」も完全に物語に寄りそい、物語と音楽、そして聴衆の見事な三位一体となった。

まさに鈴木優人さんそのひとのように、優しくあたたかくて、耳に贅沢でもあって、満ち足りた時。来年もまた、この時間を分かちあいたいと心から思った。

 f:id:otome_classic:20141224212730j:plain

思い返せば、クリスマスは幸福な思い出だらけだ。

モーツァルト、という運命の男と出会ったのもクリスマスだった。

小公女セーラが屋根裏部屋に用意してもらったクリスマス・プディングも、若草の四姉妹が声を合わせて歌った賛美歌も――あのときの憧れを、いまではこうして楽しむことができる。だからこそ、クリスマスの祈りを大切に心に刻みたい。

もっとやさしくなれますように。

もっと美しく、もっとすてきな世界になりますように。

新しい一年が、みんなにとって楽しくあたたかなものでありますように。

(写真提供: サントリーホール)  

 

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(全曲)

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(全曲)

 

 

キングスカレッジ合唱団によるクリスマスキャロル集

キングスカレッジ合唱団によるクリスマスキャロル集

  • アーティスト: Dietrich Buxtehude,Henry John Gauntlett,Herbert Howells,Arvo Part,Flor Peeters,Hieronymus Praetorius,John Rutter,John Tavener,Christmas Traditional,キングスカレッジ合唱団
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2007/01/01
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る