読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える!―― 高野麻衣オフィシャルサイト

【Art】夢をかたちに | エルメス レザー・フォーエバー

レビュー Art

f:id:otome_classic:20141212115518j:plain

東京国立博物館で開催されていた「エルメス レザー・フォーエバー」展。

年末のあわただしさの中でご紹介が遅れたが、すばらしい展覧会だった。エルメスのルーツである馬具や鞍から、歴史を彩った名品の数々、6世代にわたって伝承されてきた職人のテクニック――なによりもレザーへの尽きせぬ愛を目撃することができた。

会場は、重要文化財である「表慶館」。明治末期、東宮嘉仁親王(のちの大正天皇)のご成婚を祝して建設されたネオ・パロック様式な優美な洋風建築で、過去にはカルティエのジュエリー展が開催されたこともある。

f:id:otome_classic:20141212120915j:plain

f:id:otome_classic:20141227200241j:plain

白亜に翡翠色のアクセントもエレガントな空間に、

f:id:otome_classic:20141227200323p:plain

ダンな照明と、遊び心を刺激する仕掛けがたっぷり。写真はレザーのカーテン。かなり激しくぶつかってくるので、まさに馬になったような気分。こんなに本物のレザーに触った(覆われた)のははじめてかもしれない。

f:id:otome_classic:20141227200458j:plain

f:id:otome_classic:20141227200609p:plain

石膏像もケリーバックでおめかし。いまではモナコ公妃グレース・ケリーの懐妊報道に端を発するこのバッグのエピソードを知らない人も多いと聞いて驚いた。

とはいえ、知られざる逸品も多い。

写真は、1949年に作られたレザー製手押し車。あの“王冠をかけた恋”のエドワード皇太子(当時)がウォリス・シンプソンへのプレゼントとして発注したものだそう。

f:id:otome_classic:20141227200644p:plain

プレゼントを探しにフォーブル・サントノレ通り24番地のエルメスに来店した皇太子、「香水か手袋はいかがですか?」という店員に「香水や手袋は手押し車何台分も持っているよ!」とお答え。そこで機転をきかせた店員がおすすめしたのが、この手押し車。もちろんウォリスのために特別に製作された。

使い勝手はともかく、このエピソードこそがメゾンの魂そのもの。

この世に存在しないものをつくり出すには、夢が不可欠です。エルメスでは途方もない夢こそが、もっとも価値ある挑戦。そこには、常に発見があります。

もうひとつのキーワードでもある「シンプリシティ」とも呼応する、トランクや旅支度の品々も見事だった。いつも必要最低限だけを携えて、地球のいたるところで旅していたい。

f:id:otome_classic:20141227200706p:plain

f:id:otome_classic:20141212120340j:plain

170年以上にわたってレザーと向き合い、革新をつづけてきたエルメス。彼らはいまも「私たち馬具工房」と名乗る。

レザーを知り尽くしたとは決して言いませんが、長きにわたり素材に真摯に向き合ってきたという自負はあります。…見えない部分にも決して手を抜かない完璧主義、歴史への経緯がクリエーションの源になっているのです。

謙虚な、まさに職人の誇りに触れると、クリエーションを用いる私たち自身も尊敬と感謝を禁じ得なくなる。ファッションは、音楽や美術となんら変わらない。

こうしたメゾンのメセナ活動によって、多くのひとが「ほんとうにいいもの」に触れられるといいと、心から思った。

未年の来年も、レザー・フォーエバー!

f:id:otome_classic:20141227200748j:plain

 Hermès — エルメス レザー・フォーエバー展

 


美術館でクリスマス~この冬行きたい美術館・博物館10選 | ライフハッカー[日本版]

 ※今回の取材は、チバヒデトシさんの記事でも紹介されました。(高野はモデルとして登場させていただきました。)

また、エルメスの歴史を知るには竹宮先生の名著を!

エルメスの道

エルメスの道

 

 

©2007-2015 Salonette All rights reserved.