Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【出演】OTTAVA Domenica 第34回「田園にて」(5月24日放送)

f:id:otome_classic:20150607143704j:plain

本日のテーマは「田園」。ベートヴェンの弟子リースくんの田園風コンチェルトにはじまり、モーツァルトリヒャルト・シュトラウスなど、ウィーンの雰囲気多めでお届けしました。

写真は「旬の話題」でお話した、野田秀樹演出版『フィガロの結婚』記者会見のようすです。話題の新解釈オペラ、金沢での初日も大成功だったそう。東京芸術劇場にやってくる秋が楽しみです!

【News】庭師は見た! | 井上道義×野田秀樹フィガロの結婚』制作発表 - Salonette http://www.salonette.net/entry/2015/05/14/225812

また、林田さんから別府アルゲリッチ音楽祭のレポートや、実際にアルゲリッチが演奏するCDの紹介も。現場の熱気が伝わってくるみずみずしいシューマン
http://www.argerich-mf.jp/

新国立劇場からは、シーズン終盤の話題作『椿姫』&人気作『ばらの騎士』を2本立てでご紹介しました
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

「3時のモーツァルト」につづいては、「日曜日の本」。モーツァルトを聴いて、本を語る。ゆたかな日曜の午後を、これからもご一緒できますように。
どうぞすてきな一週間をお過ごしください♪

 

【3時のモーツァルト

アダージョとロンド ハ短調 K.617

【日曜日の本】

[林田直樹・選]

なつかしい時間 (岩波新書)

なつかしい時間 (岩波新書)

 

[高野麻衣・選]

鹿島茂『明日は舞踏会』(中公文庫)

日帝国劇場で、名作ミュージカル『レ・ミゼラブル』を観ました。クライマックスは、ドラクロワの絵画『民衆を率いる自由の女神』でおなじみの七月革命1830年)がモデル。同時代のパリはリストがスターダムにのし上がり、翌年にはショパンがやってくる「世界の首都」なわけで、じゃあなんで学生たちは蜂起したのかとか、リストはなにしてたのかとか、いよいよこの時代が気になって仕方なくなってきたのです。

そこで取り出したのがこの本。世に女性のタイプは数あれど、一度は夢見る永遠の夢「舞踏会」――「優美可憐な衣装を競いあう視線の戦場」と周辺文化を、バルザックの短編小説『二人の若妻の手記』を元に探る知的レディ・マニュアルです。

パリ社交界への憧れ、ファッション、社交界やオペラ座デビュー、結婚相手を見つけるまで、結婚の幸福と現実。順を追って解説される19世紀パリ。鹿島茂さんのご専門であるフランス文学を題材に、当時の女性たちの夢と現実を鮮やかに活写されています。1997年に新刊を購入し、20年近く愛読している単行本の文庫版。こんなふうに愉しげに音楽史を描いてみたい! それが私の長年の夢なのです。

明日は舞踏会 (中公文庫)

明日は舞踏会 (中公文庫)

 

www.ottava.jp