読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える!―― 高野麻衣オフィシャルサイト

【掲載情報】東京フィル定期公演プログラムにて、佐渡裕 ×「タルカス」登場の3月定期をご紹介!

掲載 Music

f:id:otome_classic:20160302204736j:plain

先週末、チョン・ミョンフン指揮による最高のモーツァルトのピアノ協奏曲第27番、そしてマーラー交響曲第5番を披露した東京フィルハーモニー交響楽団

原稿明けのうららかな午後、松濤の街を散歩しながら向かったオーチャードホールで、モーツァルトの最初の一音から涙が出る、という幸福な体験をしました。濃厚だけれど上品で、ベルベットみたいなマエストロの音。あのとき、あの場でしか味わえない、まさに最高のご褒美でした。(2/28 オーチャードホール)。

すべての苦悩を浄化するようなアダージェットの次は、ウィーンでの新たな冒険をスタートする佐渡裕の登場!

ということで、会場で配布された定期公演プログラム2月号では、2015-2016シーズンの締めくくりとなる次回(3月)の聴きどころコラム「佐渡裕、その新たな旅立ちを祝う白熱ライブ!」を掲載していただきました。

 

3月定期は、ラフマニノフを中心にした異色のプログラム。

現代音楽であるアダムズ:『議長は踊る』とエマーソン(吉松隆編):『タルカス』にも目を引かれます(6日オーチャードホール※祝完売!/7日サントリーホール)。

『タルカス』。1970年代イギリスのプログレッシブ・ロックバンド「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」のキーボード、キース・エマーソンが発表した大ヒット曲を、吉松隆がオーケストラ版に編曲したものです。同曲は、2010年3月、東京オペラシティで東京フィルによって初演(指揮は吉松と親交の深い藤岡幸夫)。2012年には、吉松が音楽を担当した大河ドラマ平清盛』で劇中音楽としても登場しました。源義朝決起など緊迫のシーンで繰り返し演奏されたので、聴き覚えのある方もいるはず。まさにクラシック meets ロック!

『タルカス』といえば俳優・玉木宏(『平清盛源義朝役)の顔が浮かんでしまう歴史オタクこと私にはもちろん、プログレファン、現代音楽ファンなど多くのひとが大満足のライヴになりそう。

また、3日間を通して登場するラフマニノフ交響曲第2番は、ピアノ協奏曲第2番が大きな成功を収め、交響曲第1番の失敗による精神的打撃から立ち直ったラフマニノフが、新たな第一歩を踏み出した記念碑的な作品です。

やっぱり誰にとっても、「仕事の報酬は仕事」なんですよね。

3月定期はさっそく今週末から。東京フィルとともに、新しい旅立ちの春を祝いましょう

www.tpo.or.jp

タルカス~クラシック meets ロック

タルカス~クラシック meets ロック

 

 

©2007-2015 Salonette All rights reserved.