Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【出演】Memories & Discoveries 第6回 「祝・女王陛下90歳! 英国からのラブソング」

f:id:otome_classic:20160614140154j:plain

敬愛なる英国女王エリザベス2世は、今年で90歳。
先週末には、国を挙げての祝賀パレードが行われました。殿方たちの軍服の赤に、女王陛下のスーツのライトグリーンがあざやか。4月生まれの女王陛下のバースデーを6月に祝うのは、この季節が「英国が最も美しい季節」だからだそう。
ウィンブルドン・テニスなども、だから6月なんですね。
そんな季節に、さまざまな時代の英国のラブソングをご紹介できれば――!
ということで、週替わりリコメンダーを担当しているFM音楽番組「Memories & Discoveries」、6月は「英国からのラブソング」と題してお届けしました。
 
f:id:otome_classic:20160614140222j:plain

英国の美しい初夏をテーマにお届けした4曲は、以下のとおり。

1) ダウランド:グリーンスリーブス・ディヴィジョンズ
 16世紀の英国王ヘンリー8世が作曲した、という伝説もあるイングランド民謡。音楽とスポーツが得意で、6人のお妃を娶ったモテ男で有名な王様のエピソードをご紹介しました。
 
2) パーセル:歌劇「アーサー王、またはイギリス偉人」~最も美しき島よ、すべての島にまさる島よ(歌:セイラ・マクリヴァー)
 17世紀、伝説の王を主役にしたバロック時代のオペラから、ビートルズレディオヘッドまでつづく英国の「歌心」について解説。マクリヴァーさんの美声にスタジオがどよめいたのも忘れられません。
 
3) エルガー:愛のあいさつ
20世紀の英国を代表する作曲家、エルガーのラブソング。おしどり夫婦だった妻アリスに捧げたロマンティックなエピソードをご紹介しました。
 
同じく20世紀の作曲家によるラブソング。「歌っているボストリッジも私の大好きな英国紳士(オックスフォード卒、史学博士)なんですよ~」と発言したことで、パーソナリティーの女優・朝倉あきさんとのトークも盛り上がりました。

まだまだ語りたい英国はまたの機会にあらためて、次回7/4(月)深夜からの「Music & Discoveries」ではフランスより、ドビュッシーを主役にした「夏の夜のラブレター」をお届けします。

 

番組は、毎週月曜〜木曜28時〜29時30分(火曜〜金曜、朝4時〜5時30分)JFN系列32の全国のFM局で放送中です。

(たとえば東京の場合はTOKYO FM、新潟の場合はFM新潟になります。)

ネットからもお聴きいただけますので、ぜひ聴いてみてくださいね!

www.jfn.jp

イングリッシュ・ソングブック~英国歌集イングリッシュ・ソングブック~英国歌集