読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

スキの情熱で世界を変える! —— 高野麻衣オフィシャルサイト

【連載】きょうの姫キャラ 第9回 「マハゴニー市の興亡」

f:id:otome_classic:20170405190608j:plain

クルト・ヴァイル「マハゴニー市の興亡」へ。

ワーグナー的「救済」と「セカイ系」を断固拒否する傑作!

ヒロインであるジェニーが主人公ジミーを見離し、「死んだら終わりよ」と絶唱したときの爽快感! ああ、こういうのが観たかった!

歌う彼女を取り巻いて踊るコールガールたちも、まるでバーレスクのようにきれいで力強い。美しい女の裸は、じつは女のためにある。

快楽都市マハゴニーの象徴のようなピンクのキャデラックもネオンも、ジェニーのワンピースやヒョウ柄の毛皮のコートも、ガーターベルトも全部がガーリィでまったく不快感がなく、作り手たちの繊細な努力を感じた。強い美意識があるひとたちの手で、対等な関係性のもとに表現されたセックスは、様式美になるのだ。

 

テーマについては後述するとして……主演の山本耕史は、控えめに言って最高!

彼のちょっと鼻にかかった、伸びやかな声が好きだと革新。ちょうど前日、石田三成の最期を見届けたタイミングでもあったが、くわえ煙草の彼はそのまま土方歳三だった。

 (音楽監督のスガダイローさんも「新選組!」ファンで「山本さんはもう土方歳三だと思っていますし」と語っていた。白井さんも清河八郎だったし。親近感!)

ジェニー役マルシアのサンバ的躍動感や強い声、美しいヒップラインには背筋が伸びたし、娼館のマダム・中尾ミエの貫禄にも敬礼を。

人生うまくいくときも そうでないときもあるさ!

まったくである。どんなときも「死んだら終わりよ」と、強く生きていたい。

 

 

 

ヴァイル:歌劇「7つの大罪」/歌劇「マハゴニー市の興亡」

ヴァイル:歌劇「7つの大罪」/歌劇「マハゴニー市の興亡」

 

 

 【関連記事】

www.salonette.net

www.salonette.net

 

©2007-2017 Salonette All rights reserved.