Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【掲載】スケクラBEST「クラシカロイド・オン・アイス」にて、解説担当

f:id:otome_classic:20171025211732j:plain

今年もロシア大会より、グランプリシリーズ(GPS)2017開幕!

ということで、本日発売のスケート・クラシックBEST『クラシカロイド・オン・アイス』にて、スケート音楽の歴史と曲目解説を執筆いたしました。

CD | アニメ「クラシカロイド」HP

 

ジャケットは、イケ度2割増しのベートーヴェンモーツァルト。公式さま、

銀盤を彩る音楽を網羅した「クラシカロイド」とフィギュアスケート・ラヴァーのための スケート・クラシックBEST!!
本気の選曲です…。

となぜか恐縮気味ですが、いやいやいや、いつもながら本気の選曲です!!!

じつはクラシック業界にとって、スケート音楽アルバムって、毎年リリースされる季節定番なんですよね。2006年トリノ五輪での「トゥーランドット」が象徴するように、クラシックがあそこまでお茶の間に浸透する機会って、フィギュアをおいてほかにありません。

ところが、フィギュアスケートでの楽曲使用って、ものすごく流動的。選手のメンタルやコンディションで直前変更なんてざらだし、アレンジ(編集)しまくりだし、出版や放送では要注意の「使用許可」といったシステムはないのだそう。だから、なんと音楽に関しては、各選手の詳細データは残っていないのです!(びっくり!)

アルバム制作陣がどうやって選曲するかというと、

  1. アサイン発表からニュースをつぶさにチェックし、音楽情報を集める
  2. GPSをはじめとする試合をリアルタイムでチェックする(真夜中)
  3. 音源が自社のものと推察されたときは裏をとる(他社の場合は同曲を探す)

 

といった地道な作業を重ねるわけです!

今回はGPSスタートと同時発売。「クラシカロイド」をテーマにした「クラシックBEST」という側面もあり、予想の要素は薄かったのですが、かわりにこの30年のフィギュアの名シーンをたどるため、音楽について言及のある記事から選手たちのエッセイ、動画まで、私自身も地道な悉皆調査を重ねました。

 

Disc1は歴代のフィギュアスケーターたちが使用した名曲集。たとえば「トゥーランドット」や「ラフマニノフピアノ協奏曲第2番」、「カルミナ・ブラーナ」といった人気曲ばかり。

そしてDisc2は、「クラシカロイド」登場の作曲家たちによるスケート名曲集。ロシア大会でも使用されたベトの《ピアノ・ソナタ第14番「月光」》やチョッちゃんの《バラード第1番》。スケーターたちの最新人気曲であるリッちゃんの《死の舞踏》から、モツの《レクイエム》まで。さらに新クラシカロイドドヴォルザークから《ユーモレスク》もアサイン。「こんな曲も使われたんだ!」という、発見と驚きが満載でした。

 

クラシカロイドNHK Eテレで土曜5時放送中の「教育アニメ」ですが、監督(現監修)藤田陽一とゆかいなスタッフたちにより、素晴らしい銀魂感というか、おそ松感を醸し出しているのが特徴です。今回も、

「人気スケートアニメにのっかったわけじゃないよ😋

というノリがアニメファンにも伝わっていて、会う人会う人に「混乱しました」と褒められる楽しいお仕事でした。

執筆中、最も感動したのが、スケーターと音楽の密接なつながりについて。前述の人気スケートアニメのなかで、選手が以下のようなモノローグをつぶやくのを思い出し、書き終えた時には胸がいっぱいになりました。

彼の使用曲は、次のような歌詞でした。

「朝日にも、月のない夜にも、神を感じるたび大丈夫だと思えるんだ。
あらゆるものは音楽を宿している。
音楽なしにどこへ進み、何をして、何になればいい?」

この歌詞にふいに、泣きたくなることがあります。音楽という、信じるものがあってよかったと。

いろんなジャンルのファンに、たくさん、手にとっていただけますように。

f:id:otome_classic:20171025210222j:plain

www.classicaloid.net

 

クラシカロイド・オン・アイス

クラシカロイド・オン・アイス