Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【出演】Memories & Discoveries 第19回 「チャイコフスキーのラブソング」

 

f:id:otome_classic:20180115214721j:plain

1月は、白鳥のように優雅で淑気に満ちた、クラシック・デビューにうってつけの季節。

1月20日(土)、作曲家・林そよかさんと開催する音楽講座「お茶会クラシック」第4回のテーマも、そんな季節にうってつけのチャイコフスキーです。

www.salonette.net

 

舞台は19世紀末のサンクトペテルブルク――そして今回は、ヴェルサイユ宮殿や20世紀のパリ・シャンゼリゼ劇場まで、バレエの歴史をバレエを愛した音楽家チャイコフスキーとともに旅するスペシャル版。“チャイ様”の生きた時代や音楽考察のほか、バレエにまつわるエピソードや最新情報を、映像でもご紹介します。

全国38のFM局で放送中のラジオ『Memories & Discoveries』。

今月の「クラシック・プレイリスト」では、チャイコフスキーの名曲を解説(萌えがたり)。イベントの雰囲気を、ひと足早く少しだけ、全国のリスナーの皆さんへご紹介させていただきました。

 

1) ピアノ協奏曲第1番~第1楽章(1/9放送分)

重厚で華麗、クラシック音楽のイメージを具現化したような作品。

「演奏不可能」とまで言われましたが、この曲によってチャイコフスキーの名は世界へ。キャリアのはじまりの1曲からスタートしました。

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

 

 

2) バレエ音楽くるみ割り人形」~あしぶえの踊り(1/10放送分)

クラシック音楽最大のヒットチューンのひとつ「くるみ割り人形」からは、21世紀日本でよりおなじみになった“あの曲”。乙女必携「クラシックドラマCDくるみ割り人形」と同じ、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの軽快な演奏でお楽しみいただきました。

この曲がバレエのなかでどう演じられるか、ぜひ、英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン「くるみわり人形」(1/19公開)でご覧あれ!

絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形

絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形

 

 

3) バレエ音楽「眠れる森の美女」~ワルツ(1/11放送分)

そしてこちらも、世界中の乙女が愛するディズニー映画でおなじみの“あの曲”。MCである女優・朝倉あきさんとのトークもいちばん盛り上がりました!

ご紹介したのは、英国の指揮者ジョン・ランチベリーの優雅な演奏。20日の講座では、ボリショイ・バレエによる公演の一部も上映する予定です。

www.youtube.com

 

4) 交響曲第6番「悲愴」~第4楽章

チャイコフスキーの生涯を駆け足でご紹介した今月の「クラシック・プレイリスト」。ラストはやはり、死の9日前に初演されたこの曲を。

運命を予感したかのような、尋常じゃない迫力を持った作品です。第4楽章のドラマティックな静寂に、私はいつも、泣きながら観たウラジーミル・マラーホフのバレエ公演を思い出します。

チャイコフスキーの音楽はバレエとともにある。そんな感慨とともにラブソングを。

 

Tokyo FM「Memories & Discoveries」は毎週火〜金 朝5時10分頃JFN系列32の全国のFM局で放送中。高野出演の「クラシック・プレイリスト」は5:10頃からスタートですが、インターネットでは、いつでも全世界でお聴きいただけます。

次回もどうぞお楽しみに!

park.gsj.mobi