Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第5回『BANANA FISH』

f:id:otome_classic:20180425162354j:plain

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。

「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。

第5回は、わが最愛のハードボイルド・ロマン『BANANA FISH』。7月からスタートするアニメの制作発表会の模様を交えながら、尽きせぬ思いを綴らせていただきました。

人生を変えた漫画がある。出会いは17歳。大学受験を前に進路を決めかねていた私に、漫画好きの従兄叔父がそっと貸してくれた黄色いコミックス――それが『BANANA FISH』だった。完結から数年、すでに「古典」という印象だった。読みはじめると一気に惹きこまれて現実に戻れなくなり、読了後、2日ほど学校を休んだ。

学校を休んで、地元の市立図書館に通った。ヘミングウェイサリンジャーを読みあさり、登校してすぐ第一志望をニューヨーク市立大学に変更した。夏休みには突き動かされるように短編を書いて賞を獲り、絶対物書きになろうと決めた。今の私があるのはこの漫画のおかげだと断言できる。

BANANA FISH』の魅力だなんて、人口に膾炙しすぎたお題でおこがましいと思けれど、それでもいま語りたいのは、この実体験――人生がまるっきり変わるような衝撃を、まだ読んだことのない人にも味わってほしいからだ。

魅力はおもに3つある。1つ目は舞台設定。1985年「別冊少女コミック」で連載を開始した本作は、ベトナム戦争を起点にアメリカン・ニューシネマの泥臭さをまとってはじまるハードボイルド。麻薬をめぐるミステリーでもある。

(後略)

 

高校を2日ほど休んだとき、私は親友に「忌引きだ」と伝えたらしいのですが、記憶にありません。たぶん、心はニューヨークにあったのでしょう。

大人になって、さまざまな苦難も経験してあらためて思うのは、アッシュの不屈の精神にとって、英二の揺るぎない信頼がどれだけの支えだったかということ。

それがどんな関係性であっても、

「君はひとりじゃない 僕がそばにいる」

と言ってくれる人の存在が、私たちをつき動かすのです。

 

夏からのアニメも楽しみでなりませんが、アニメの前にぜひ原作も読んでほしい!

紙の上から聞こえてくる外画のような音楽とセリフ回し。荒れ果てた街の静かな夜明け――そういう80年代ニューヨークの空気感はたぶん、原作ならでは魅力として残るだろうから(詳しくは『マンガと音楽の甘い関係』で!)。

あの「黄色いコミックス」の復刻版も発売中です。文庫派の方は、最終回の数年後を描く傑作短編『光の庭』(別巻収録)を絶対にお忘れなく。

それではわが心のニューヨークへ――よい旅を(ボン・ボヤージュ)。

TVアニメ「BANANA FISH」公式サイト

 

次号は6月中旬発売予定。どうぞお楽しみに!

www.ichijinsha.co.jp

 

Febri Vol.48

Febri Vol.48

 
マンガと音楽の甘い関係

マンガと音楽の甘い関係

 

 

BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (特品)

BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (特品)

 

BANANA FISH 復刻版BOX vol.2 (特品)BANANA FISH 復刻版BOX vol.2 (特品)