Salonette

スキの情熱で世界を変える!――高野麻衣 公式ホームページ

【連載】Febri「アニメファンのためのマンガ案内」第6回『憂国のモリアーティ』

 

f:id:otome_classic:20180615220321p:plain

カルチャーマガジン『Febri』(一迅社)でのコミック・リコメンド。

「アニメファンにも読んでほしいマンガ」をテーマに、ジャンルを問わず注目の作品をご紹介しています。

第6回は、ホームズの宿敵の語られざる物語『憂国のモリアーティ』。いま最も気になる「宿命のライバル」たちの関係性について、温めてきた思いを綴らせていただきました。

 「真実はいつもひとつ。でも正義はそう、涙の数だけ……」。

福山雅治ソングにこんなに泣ける日がくると、誰が予想しただろうか。映画『名探偵コナン ゼロの執行人』に通う日々のなか、主題歌をくり返し聴いていてふと思い出したのが、彼のことだった。

ジェームズ・モリアーティ。コナンや赤井も敬愛する名探偵シャーロック・ホームズの、宿命のライバルだ。通り名は「犯罪界のナポレオン」。若くして優れた物理論文を発表した元数学教授。自らは姿を見せず、その高い知能を駆使し「蜘蛛の巣の中央にいるよう」に巨大な悪の組織を操る天才。あの自信家のホームズに「知力は同等」と認めさせ、「もし彼を倒すことができたなら探偵をやめてもいい」とまで言わしめた。『最後の事件』でホームズは、差し違える覚悟でこの宿敵に挑み、彼を道連れにライヘンバッハの滝に落下、死亡したと公表される(のちに帰還)。

憂国のモリアーティ』は、そんな「名探偵の宿敵」を主役に据えたピカレスク・ロマンだ。2016年、「ジャンプSQ.」にて連載開始。「正典」と同じ19世紀末の大英帝国が舞台だが、近年の爆発的ホームズ・ブームを牽引したドラマ『SHERLOCK』やガイ・リッチー監督の映画版、あるいは「007」シリーズなどの人気要素を巧みに取り入れた竹内良輔の原作に、『監視官 常守朱』の三好輝による色気ある男たちが映える。

(後略)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 1 (ジャンプコミックス)

 

 

モリアーティは「正義」のための「悪」の執行人だった、という物語。

”英国紳士じゃない”シャーロック・ホームズと、いかにも貴族出身風の好青年モリアーティ。黒髪と金髪。真実と正義ーーそうした符号が大ヒット中の『名探偵コナン』シリーズ(赤井秀一と安室透)と結びついたこともあり、「いま書かなければならない!」とものすごい熱量をもって執筆したコラムでした。

二人にしかわからない領域で、互角に闘い、天才の孤独を唯一分かちあえる――恋に限りなく近い、特別なライバルを私たちは宿敵、あるいはツートップと呼ぶ。

歴史しかり、ガンダムや銀英伝しかり。この関係性こそ、私が愛する物語の原型なのだと思います。

 『名探偵コナン』の青山先生は先頃、前代未聞の「安室徹人気」の理由について「多分赤井に勝てないところ」と語ったそう。モリアーティの魅力もまたそこだと思うし、私自身、そんな物語を早く形にしたいと考えています。

 

次号は8月中旬発売予定。どうぞお楽しみに!

www.ichijinsha.co.jp